ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 税金 > 納税方法 > スマートフォン決済アプリで市税などを納付することができます

スマートフォン決済アプリで市税などを納付することができます


スマートフォン決済アプリでの納付について

 ○ 納付書に印字されているバーコードをスマートフォンのカメラ機能でスキャン(読み取り)することで、いつでもどこでも、市税や保険料、上下水道料金などを納付することができるサービスです。

 ○ 既に、令和2年4月から利用開始している『PayB』に加えて、今回、新たに5種類のアプリを追加します。

 ○ 専用のアプリをスマートフォンにダウンロードして、ぜひご利用ください。

 利用開始日

  ○ 令和3年4月1日(木曜日)

 納付することができる市税等について

  ○ 市県民税(普通徴収)、軽自動車税(種別割)、固定資産税・都市計画税

  ○ 国民健康保険料、後期高齢者医療保険料、介護保険料、保育所保育料

  ○ 市営住宅使用料

  ○ 上下水道料金

 取扱可能な納付書について

  ○ コンビニエンスストアで使用することが可能なバーコード印字のある納付書

  ○ 1枚あたりの金額および1日の合計金額は最大30万円まで(au PAYのみ25万円まで)です。

  ○ 納付書ごとに決済手続が必要です。

    納付書サンプル

 ご利用可能なスマートフォン決済アプリについて

   《LINE Payの利用停止について》

   LINE株式会社が提供する無料通話アプリ「LINE」利用者の個人情報が、中国の関連企業で閲覧可能になっていたとの報道がありました。

   そのため、納付書の裏面やご案内のチラシなどに掲載されている「LINE Pay」は、安全性が確認できるまでの間、利用を停止しています。

   ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

PayB楽天銀行アプリゆうちょPayこいPay

   ○ 各アプリのダウンロードについては、こちらに掲載しているQRコードからアクセスしてください。

    ※読み込みたいQRコード以外を隠すなどしてカメラで読み取ってください。

    ※読み込めない場合などは、AppStoreやGooglePlayなどから検索してダウンロードしてください。

 

    ・口座決済で納付するアプリ(事前に登録した金融機関の口座から、口座振替を依頼して納付する方法)

paybロゴ楽天銀行ロゴゆうちょPayロゴ
QRコード楽天QRQRコードこいPay
PayPayau PAY

    

    ・電子マネーで納付するアプリ(事前に登録した金融機関の口座やコンビニATMなどからチャージして納付する方法)

ロゴロゴ
QRコードauPAYロゴ

 

 

   ○ 各アプリの詳しい使い方については、それぞれのホームページ(外部リンク先)などで確認してください。

    ・ PayB (PayB決済サービス)<外部リンク>

      payb

      payb

    

    ・ 楽天銀行アプリ (楽天銀行コンビニ支払いサービス(アプリで払込票支払))<外部リンク>

      rakuten

    

    ・ ゆうちょPay (銀行Pay)<外部リンク>

      ゆうちょ

    

    ・ こいPay (銀行Pay)<外部リンク>

      こい

    

    ・ PayPay (PayPay請求書払い)<外部リンク>

      paypay

 

    

    ・ au PAY (au PAY(請求書支払い))<外部リンク>

      aupay

 利用する際の注意事項

 ○ 事前に、金融機関の口座を登録したり、コンビニATMなどでチャージする必要があります。

 ○ 手数料やアプリの利用料は無料ですが、パケット通信料が必要です。

 ○ 決済後の取り消しや変更はできません。また、決済後の納付書は、誤納付を防止するため、必ず破棄してください。

 ○ この納付方法では、領収証書が発行されないため、各アプリの取引履歴などで確認してください。

 ○ 領収証書や軽自動車税(種別割)の継続検査用の納税証明書が必要な場合は、これらのアプリを利用せず、市役所や金融機関、コンビニエンスストアの窓口で納付してください。

 ○ システム障害等により、利用を停止する場合があります。