ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 観光振興課 > 映画「男たちの大和/YAMATO」ロケ地マップ(呉版)

映画「男たちの大和/YAMATO」ロケ地マップ(呉版)


映画「男たちの大和/YAMATO」ロケ地マップ(呉版)

イントロダクション

男たちの大和

  • 製作総指揮: 高岩 淡・広瀬道貞
  • 製作: 角川春樹
  • 企画: 坂上 順・早河 洋
  • 監督・脚本: 佐藤純彌
  • 原作: 辺見じゅん 「決定版 男たちの大和(上・下)」(ハルキ文庫刊)
  • 音楽: 久石 譲
  • 主題歌: 長渕 剛(フォーライフ)
  • 配給: 東映
  • 出演: 反町隆史 中村獅童 / 渡 哲也 / 鈴木京香 仲代達矢

 桜の咲き誇るあの春の日、ただ愛する人を、家族を、友を、祖国を守りたい、その一心で「水上特攻」に向かい、若い命を散らしていった男たち。彼等の壮絶な生き様と深き想い、遺された者たちの無念が、戦後60年を迎えた今、映画「男たちの大和/YAMATO」として、スクリーンに甦ります。

 男たちの大和公式サイト<外部リンク>「男たちの大和/YAMATO」公式サイト<外部リンク>

2005年12月17日(土曜日)
全国東映系ロードショー

ストーリー

 鹿児島県・枕崎で生きてきた老漁師の神尾(仲代達矢)は,内田真貴子(鈴木京香)と名乗る若い女性に懇願され,東シナ海を西へと,小さな漁船を走らせていた。「内田二兵曹…」。神尾の胸に鮮やかに,そして切々と甦ってくるのは,60年前の光景,戦友たちの姿…。
 昭和19年2月,若き日の神尾(松山ケンイチ)たち特別年少兵が大和に乗り込み,尊敬できる魅力的な上官,森脇二主曹(反町隆史)と内田二兵曹(中村獅童)に出会う。
 若い乗組員は,レイテ沖海戦などの実戦に重ね成長していくが,戦局は悪化の一途をたどっていく。昭和20年4月1日には,米軍が沖縄に上陸。ついに大和に沖縄への水上特攻の命令が下される。4月6日,それぞれの思いを胸に,大和は沖縄へと出撃。乗組員達の最後の奮闘が始まった…

映画のシーンの写真
© 2005「男たちの大和/YAMATO」製作委員会

ロケ地マップ

ロケ地マップ

ロケ地一覧

  1. 旧海軍墓地(長迫公園)
  2. 大和ミュージアム
  3. アレイからすこじま

関連リンク

呉地域フィルムコミッションとは

 呉地域を舞台とする映画やテレビドラマなどのロケーションを支援するために、撮影に関する地域の情報提供、公共施設の使用手続きの調整などを行う窓口です。
 映画やテレビドラマの支援を通じて、呉地域の特性・魅力を内外に発信するとともに、地域の活性化を図っています。

呉地域フィルムコミッション<外部リンク>
呉地域フィルムコミッションのサイト<外部リンク>

映画「海猿」ロケ地紹介
映画「海猿」ロケ地紹介のページ
  (くれナビ内)
<外部リンク>