ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

火山


眺望

 

 標高408m、広島県の最南端・倉橋島の中央部に位置する山。この山は昔、瀬戸内海の船の要所であったため、山頂で火を焚き、灯台の役目を果たしていたため「火山(ひやま)」と呼ばれています。頂上には大岩があり、その上に立つと360度の展望が開き、瀬戸内海に浮かぶ島々をはじめ遠くは四国山脈の山々も見渡すことができる絶景スポットです。

※令和4年6月時点において

「林道火山線」は、通行可能です。雨天時の通行には、ご注意ください。

所在地

  • 呉市倉橋町

 アクセス

  • 車 / 広島呉道路(クレアライン)呉ICから約1時間