ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 観光振興課 > 御手洗町並み保存地区

御手洗町並み保存地区


音戸ロッジゆっくりとした時間が流れるレトロな空間


 江戸時代、風待ちや潮待ちの港町として栄えた御手洗は、平成6年重要伝統的建造物群保存地区として国から選定されました。
 土地が狭いため数度にわたって埋め立てられた御手洗は、大小の商家、茶屋、船宿、住宅、神社、寺院などが混在し、集落中心路、集落連絡路、集落生活路(小路)等が網の目のように巡っています。また大波止、石橋、高燈籠、石垣護岸、雁木等、港町の生活上必要な土木的建造物が当時のまま現存しているものもあります。
 御手洗地区は17世紀の中頃形成されて以来、江戸時代の約200年間を経て昭和初期に至るまで、瀬戸内海交通の中継港として、時代時代に応じた発展を示し、その痕跡を今も集落内に留めています。
  また、ここでは、地元の観光ガイドが、歴史や文化について分かりやすく案内をしてくれます。

 


拡大地図を表示<外部リンク>

所在地   呉市豊町御手洗

問い合わせ先   豊町観光協会  Tel 0823-67-2278

アクセス

  • バス/ JR呉駅前または広駅前バス停から「とびしまライナー(豊・豊浜方面行)」乗車、「御手洗港(みたらいこう)」バス停下車
    ※広島バスセンター発とびしまライナーの時刻・運賃は、こちら(広島バスセンターホームページ)<外部リンク>をご覧ください。
    ※中国労災病院発とびしまライナーの時刻・運賃は、こちら(瀬戸内産交/PDF)をご覧ください。
     
  • ●車 / 広島呉道路(クレアライン)呉ICから約1時間30分

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)