ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 農業委員会事務局 > 下限面積(別段の面積)を設定しました

下限面積(別段の面積)を設定しました


農地法第3条第2項第5号の規定による別段の面積

  平成21年12月施行の改正農地法により、農業委員会が農林水産省令で定める基準に従い、市町村の区域内の全部または一部についてこれらの面積の範囲内で別段の面積を定め,農林水産省令で定めるところによりこれを公示したときは、その面積を下限の面積として設定できることになりました。
  「農業委員会の適切な事務実施について」(20経営第5791号平成21年1月23日付け農林水産省経営局長通達)が平成22年12月22日付けで一部改正され、農業委員会は、毎年、下限面積(別段の面積)の設定または修正の必要性について審議することとなっています。
  このため、今年度の下限面積(別段の面積)の設定について、平成30年4月27日開催の呉市農業委員会総会において審議し,次のとおり決定しました。

平成21年12月15日変更 

地区名

別段の面積の基準(農地法施行規則第17条)

設定面積
旧呉市、旧大屋村、下蒲刈町、川尻町、音戸町、蒲刈町第1項10アール
旧昭和村、旧郷原村、倉橋町、豊町の旧御手洗町第1項20アール
安浦町、豊浜町、豊町の旧御手洗町を除く区域第1項30アール

方針

  現行の下限面積(別段の面積)の変更は行わない。

理由

  2015農林業センサス、平成28年度の利用状況調査及び農地台帳等の状況を踏まえ、各地区において設定しようとする面積未満の経営面積の農業者数が、農地法施行規則第17条第1項の規定による別段の面積の設定基準である全農業者数のおおむね4割を超えていないため