ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 生活衛生課 > 食品中の放射性物質への対応

食品中の放射性物質への対応


平成24年4月から食品中の放射性物質の新たな基準値が設定されました。

新たな基準値の概要

 放射性物質を含む食品からの被ばく線量の上限を、年間5ミリシーベルトから年間1ミリシーベルトに引き下げ、これをもとに、放射性セシウムの基準値が設定されました。

放射性セシウムの暫定規制値
食品群基準値 
(単位:ベクレル/Kg)
野菜類500ベクレル/Kg
穀類
肉・卵・魚・その他
牛乳・乳製品200ベクレル/Kg
飲料水200ベクレル/Kg

                    ↓

放射性セシウムの新基準値(平成24年4月1日から施行)
食品群基準値 
(単位:ベクレル/Kg)
一般食品100ベクレル/Kg
乳児用食品50ベクレル/Kg
牛乳5ベクレル/Kg

※シーベルト:放射線による人体への影響の大きさを表す単位
※ベクレル:放射性物質が放射線を出す能力の強さを表す単位

 

関係リンク集

 


呉市保健所
生活衛生課 Tel:(0823)25-3536 Fax:(0823)24-6826


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)