ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 保険・年金 > 後期高齢者 > 【後期高齢】葬祭を行った場合(葬祭費)

【後期高齢】葬祭を行った場合(葬祭費)


 被保険者が死亡した場合,葬儀を行った人(葬祭執行者)に対して葬祭費が支給されます。

申請に必要なもの

  • 亡くなられた方の被保険者証
  • 葬祭執行者と分かるもの(埋火葬許可証,斎場使用許可証,会葬御礼状,葬儀の領収書もしくは請求書)
  • 葬祭執行者の預金通帳,印鑑
  • 委任状(葬祭執行者以外の口座に振り込む場合)

  

 

※ 葬祭執行者の分かるものに記載されている人と,葬祭執行者が異なる場合には,申立・誓約書(後期高齢者医療葬祭費)が必要です。

手続き窓口

 保険年金課市民窓口課各市民センター