ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 保険・年金 > 後期高齢者 > 新型コロナウイルス感染症に関する情報(後期高齢者医療)

新型コロナウイルス感染症に関する情報(後期高齢者医療)


高額療養費の申請

  広島県後期高齢者医療広域連合から、該当者に「後期高齢者医療高額療養費支給申請について(お知らせ)」を送付しています。
  そのため、送付直後は窓口が混み合うことが予想されます。

  高額療養費の申請は、通知を受け取ってから2年以内であれば、いつでも申請可能です。
    ※2年を経過すると、時効により申請できなくなりますので、ご注意ください。

傷病手当金の支給

  後期高齢者医療制度では、新型コロナウイルス感染症の更なる感染拡大防止の観点から、後期高齢者医療の被保険者のうち、給与等の支払いを受けている方が新型コロナウイルスに感染または感染が疑われる場合に、休みやすい環境を整えるため、傷病手当金の支給を行っています。
  詳しくは、こちら [PDFファイル/256KB]をご確認ください。

    (申請様式等)
     申請書 [PDFファイル/279KB]

    (記入例)
     記入例 [PDFファイル/939KB]

※申請方法などについては、事前に保険年金課へ電話(Tel:0823-25-3156)でご相談ください。

後期高齢者医療保険料の減免

  新型コロナウイルス感染症の影響により、(1)または(2)に該当される方は、申請により後期高齢者医療保険料が減免となります。

  (1) 世帯の主たる生計維持者(※1)が死亡し、又は重篤な傷病を負った世帯の方

  (2) 世帯の主たる生計維持者の本年(※2)の事業収入、給与収入、不動産収入または山林収入のいずれかの減少額(※3)が、前年(※4)に比べて10分の3以上見込まれる世帯の方

   ※1 世帯の主たる生計維持者とは、世帯主または後期高齢者医療制度の被保険者に限ります。

   ※2 令和2年度分の保険料については「令和2年」、令和3年度分の保険料については「令和3年」になります。

   ※3 減少額は、保険金、 損害賠償等により補填されるべき金額を控除した額となります。

   ※4 令和2年度分の保険料においては「令和元年」、令和3年度分の保険料においては「令和2年」になります。

   (注1) 申請にあたっては、収入額を証明する書類が必要となります。
        併せて、国や県から支給された課税対象の給付金等の種類及び金額を証明する書類が必要となります。

   (注2) 所得制限があります。

  (1)または(2)に該当すると思われる方、詳細を確認されたい方は、次の「後期高齢者医療保険料の減免について」をご確認ください。

 
  【令和2年度】
   後期高齢者医療保険料の減免について [PDFファイル/1.04MB]

  【令和3年度】
   後期高齢者医療保険料の減免について [PDFファイル/1.07MB]

※平成31年度の保険料については、賦課の期間制限により減免できない場合があります。

  申請書等の様式については,広島県後期高齢者医療広域連合<外部リンク>のホームページからダウンロードしてください。

後期高齢者医療保険料の納付相談

  新型コロナウイルス感染症の影響により、後期高齢者医療保険料の納付が難しくなられた方は、ご相談ください。

     保険料の徴収猶予 [PDFファイル/271KB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)