ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 保険・年金 > 国民年金 > 国民年金の加入手続について

国民年金の加入手続について


 国民年金の加入手続について

20歳になったとき

   20歳になった方には、日本年金機構から、国民年金に加入したことをお知らせする通知が届きます。
   年金手帳は、お知らせとは別に送付されます。
   詳しくは、日本年金機構ホームページ<外部リンク>をご覧ください。

   ※厚生年金または共済年金に加入されている方には、お知らせ通知は届きません。  

60歳未満で会社などを退職したとき(第2号被保険者から第1号被保険者に)

  1. 手続に必要なもの
    年金手帳、本人確認書類(マイナンバーカードや運転免許証など公的機関が発行したもの)、資格喪失証明書または離職票など資格喪失(退職日)が確認できる書類

    保険料の免除制度の利用を希望される場合には、離職票または雇用保険受給資格者証が必要となります。

    ※代理人が申請・相談する場合は、委任状<外部リンク>が必要です。

  2. 提出先
    保険年金課(本庁舎3階)、各支所、市民窓口課(本庁舎1階)、呉年金事務所<外部リンク>

配偶者の扶養でなくなったとき(第3号被保険者から第1号被保険者に)

  1. 手続に必要なもの
    年金手帳、本人確認書類(マイナンバーカードや運転免許証など公的機関が発行したもの)、扶養喪失年月日が確認できる書類

    ※代理人が申請・相談する場合は、委任状<外部リンク>が必要です。

  2. 提出先
    保険年金課(本庁舎3階)、各支所、市民窓口課(本庁舎1階)、呉年金事務所<外部リンク>

60歳未満で会社などに就職したとき(第1号・第3号被保険者から第2号被保険者に)

  1. 手続に必要なもの
    年金手帳

  2. 提出先
    勤務先

配偶者の扶養になったとき(第1号・第2号被保険者から第3号被保険者に)

  1. 手続に必要なもの
    年金手帳

  2. 提出先
    配偶者の勤務先

希望すれば加入できる人(任意加入)

  1. 老齢基礎年金の受給資格期間を満たしていないか、20歳から60歳までの間で年金未加入期間や未納期間があり、満額の老齢基礎年金(480月)を満たしていない60歳から65歳未満の人。
    65歳で受給資格期間を満たしていない人は、70歳になるまでの間、受給資格期間を満たすまで加入できます。

  2. 日本人で海外に住む20歳以上65歳未満の人

手続方法など、詳しくはお問い合わせください。

   お問い合わせ先
   保険年金課(電話0823-25-3157)
   呉年金事務所<外部リンク>(事前確認必要)(電話0823-22-1691)


   国民年金(第1号被保険者)に加入された方へ ~令和3年度国民年金保険料について~ [PDFファイル/84KB]
   

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe社サイト<外部リンク>からダウンロードしてください。(無料)