ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 保険・年金 > 国民年金 > 国民年金について

国民年金について


国民年金について

        日本国内に住所のある20歳から60歳未満の人は、学生を含めて国民年金に必ず加入しなければなりません。
       国民年金に加入していると、次の年金が受けられます。ただし、受給要件があります。

  1. 65歳に達したときは、老齢基礎年金
  2. 病気やけがで障害を負ったときは、障害基礎年金
  3. 本人が亡くなったときは、遺族に遺族基礎年金

        また、経済的な理由で保険料が納められない場合、要件を満たせば保険料の免除制度や学生納付特例制度を利用することができます。
 

        国民年金加入者は、次のように分けられます。

  1. 第1号被保険者
    自営業者、農林漁業者、パート労働者、学生、無職(第3号被保険者を除く。)の人など厚生年金保険や共済組合などに加入していない人
  2. 第2号被保険者
    厚生年金保険、共済組合、船員保険などの加入者
  3. 第3号被保険者
    厚生年金保険、共済組合、船員保険などの加入者に扶養されている20歳以上60歳未満の配偶者

     

    国民年金(第1号被保険者)に加入された方へ ~令和3年度国民年金保険料について~ [PDFファイル/84KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe社サイト<外部リンク>からダウンロードしてください。(無料)