ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 福祉保健課 > 呉市で実施している乳がん検診

呉市で実施している乳がん検診


呉市で実施している乳がん検診

 乳がんは、40~50歳代女性のがん死亡原因のナンバーワンです。

 日本では、年間約1万4千人以上の女性が乳がんで亡くなっています。

 マンモグライフィは、いわゆるおっぱいのレントゲンです。乳がん検診の検査方法として効果があることが確認されており、早期の乳がんの検出に有用です。

 また、呉市では30歳代の女性の方を対象にエコー(超音波)での検査も行っています。

 乳がんは早期に発見して治療すれば95%以上が治ります。専門の先生と一緒に定期的にチェックしていくことが大切です。 

※ここで言う「治る(=治癒)」とは,診断時からの5年相対生存率です。相対生存率は,がん以外の原因で亡くなる人の影響を除いた数値です。(出典:全がん協加盟施設における5年生存率2009-2011) 

 

マンモグラフィ

 

対象者呉市在住の40歳以上の方(女性のみ)
料金個別健診1,700円
集団健診1,000円
場所個別健診

実施医療機関

実施医療機関一覧(特定健診・がん検診・骨粗しょう症検診)

※呉市の乳がん検診の実施を検討してくださる医療機関は,福祉保健課までご連絡ください

集団健診

東西保健センター,呉市医師会病院,各保健出張所等

令和3年度呉市健康診査のしおり [PDFファイル/5.92MB]

 

超音波検査


 

対象者呉市在住の30歳代の方(女性のみ)
料金集団健診1,000円
場所集団健診

東西保健センター,呉市医師会病院,各保健出張所等

令和3年度呉市健康診査のしおり [PDFファイル/5.92MB]

 

受診する時に持っていくもの

  ●「健康保険証等」(住所 ・ 氏名 ・ 年齢 が分かるもの)

  ● 料金

 

検診料金が無料となる方

1 市民税非課税世帯の方

個別健診を受診する場合

 事前に「呉市検診料金無料券」の交付申請の手続きを行ってください。

 手続きは、福祉保健課、東・西保健センターまたは各保健出張所お越しいただくか、郵送でできます。

 呉市検診料金無料券交付申請書 [PDFファイル/183KB]

 

集団健診を受診する場合

 予約時に市民税課税世帯であることをお知らせください。

 該当する方には「呉市検診料金無料券」を交付し、問診票等と一緒に郵送します。

 交付された無料券は検診受診当日持って行き、個別医療機関か集団健診受付時に提出してください。(検診料金自己負担額の事後清算はできません。)

 

2 生活保護世帯の方

 呉市福祉事務所(生活支援課)が発行する「生活保護受給証明書」または「被保護者証明書」を持って行ってください。

 

3 乳がん検診の無料クーポン券配布の対象となる方

 次の年齢の方が配布対象となります。

 「無料クーポン」詳しくはこちら

 
乳がん検診40歳 (昭和55年4月2日~昭和56年4月1日生まれの方)

※無料クーポン券が届く前に受診された場合は、市へ手続きすることで自己負担相当額が返ってきます。(手続きには領収書が必要となります。)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)