ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 福祉 > 生活困窮者自立支援 > 生活困窮者就労訓練事業の認定について

生活困窮者就労訓練事業の認定について


生活困窮者就労訓練事業とは

就労訓練事業は,平成27年4月から施行された生活困窮者自立支援法に基づき創設されました。本事業は,事業者が自治体から認定を受けて,就労に困難を抱える生活困窮者に就労の機会を提供するものです。具体的には,長期離職者,ニート,ひきこもり,心身に問題がある方など,すぐには一般就労が難しい方に対して,就労に必要な知識や能力の向上のために必要な訓練,生活面や健康面での支援を行います。
また,本事業は,自治体が事業所へ委託する制度ではなく,事業所の自主事業として実施いただくことにより,就労に向けての第一歩を支援していくものです。ご協力をお願いします。

就労訓練事業所の認定状況

 ※呉市が認定した就労訓練事業所の一覧はこちらです。

生活困窮者就労訓練事業の認定申請

就労訓練事業を実施するには,事業所ごとに,その所在地を管轄する都道府県知事等の認定を受ける必要があります。呉市内に就労訓練事業の所在地があり,就労訓練事業の認定を希望される事業者は,認定基準のいずれも満たしていることを確認の上,認定申請書に必要事項を記載し,添付書類を添えて呉市長に対して申請をしてください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)