ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 福祉 > 障害 > 障害児の福祉サービス

障害児の福祉サービス


障害児の福祉サービス

児童福祉法の改正により、平成24年4月から障害児の福祉制度が変わりました。
障害児については、児童福祉法に基づく「障害児通所支援」及び障害者総合支援法に基づく「自立支援給付」のサービスがあります。

障害児通所支援(児童福祉法)

以前の通所支援、児童デイサービスは、障害種別による区分のない「児童発達支援」「医療型児童発達支援」に一元化されました。また、新たに学齢期における支援の充実を図るため「放課後等デイサービス」、保育所等を訪問し専門的な支援を行うための「保育所等訪問支援」が創設されました。

【児童発達支援】

日常生活における基本的な動作の指導、知識技能の付与、集団生活への適応訓練などを行います。

【医療型児童発達支援】

肢体不自由児につき、医療型児童発達支援センターや医療機関等に通い児童発達支援のサービスや治療を行います。

【放課後等デイサービス】

就学児童に対し、授業終了後や休業日に、生活能力向上のための訓練や社会交流等を行います。

【保育所等訪問支援】

保育所等において、集団生活への適応のための専門的な支援を行います。

自立支援給付(障害者総合支援法)

障害種別(身体障害、知的障害、精神障害)にかかわらず、障害児の自立支援を目的に全国共通に提供するサービスです。自立支援給付には、居宅介護、短期入所などの介護給付、心身の障害の状態の軽減を図ることなどを目的とする医療費の給付(自立支援医療)、補装具の購入や修理に要した費用の支給等があります。

【居宅介護】

自宅において、入浴、排せつ、食事などの介護を行います。

【重度訪問介護】

重度の肢体不自由者で常に介護を必要とする人に、自宅において、入浴、排せつ、食事などの介護のほか、外出時における移動支援などを総合的に行います。

【行動援護】

知的障害や精神障害により行動が困難で介護が必要な人に、行動するとき必要な介助や外出時の移動支援などをします。

【同行援護】

重度の視覚障害により移動が困難な人に、外出時に同行して移動の支援を行います。

【重度障害者等包括支援】

介護の必要性がとても高い人に、複数のサービスを包括的に行います。

【短期入所】

自宅で介護する人が病気の場合などに、短期間、夜間も含めて施設で入浴、排せつ、食事などの介護を行います。

  その他

※児童福祉法に基づく障害児入所支援は、広島県が実施主体となっています。