ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 障害福祉課 > 障害者手帳について

障害者手帳について


身体障害者手帳

  • 身体に永続的な障害がある人が様々な援助を受けやすくするために交付されるもので、障害の程度により重い順に1級~6級までの区分があります。
  • 障害の種類は、視覚、聴覚・平衡、音声・言語またはそしゃく機能、肢体不自由及び心臓・じん臓・呼吸器・ぼうこうまたは直腸・小腸・肝臓・ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の各機能の障害に分けられています。
  • 手帳の交付申請には、法に基づき県知事等に指定された医師の診断書・意見書が必要となりますので、医師とよく相談の上、申請を行ってください。

   ※呉市の指定医師についてはこちら<外部リンク>でご確認ください。

 療育手帳

  • 知的障害のある人が様々な援助を受けやすくするために交付されるもので、広島県は、障害の程度により重い順に〇A・A・〇B・B に区分しています。
  • 手帳の交付申請に年齢の制限はありません。発達期(おおむね18歳まで)に知的障害とみなされる状況や診断があったことを証明できる場合は、18歳を越えても手帳交付の対象となることもあります。

 精神障害者保健福祉手帳

  • 統合失調症、精神作用物質による急性中毒またはその依存症、精神病質その他精神疾患のある人が一貫した相談指導や様々な援助を受けやすくするために交付されるもので、障害の程度により重い順に1級~3級までの区分があります。
  • 発達障害(自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するものとして政令で定めるもの)のある人は、精神障害者保健福祉手帳の交付を申請することができます。
  • 手帳の有効期限は2年間です。更新の申請は有効期限の3か月前から行うことができます。

  ※詳しくは認定機関である広島県のホームページ<外部リンク>でご確認ください。

  手帳の交付申請等に必要なもの

項目身体障害者手帳療育手帳精神障害者保健福祉手帳
手帳の交付申請
(障害が生じたとき)
  • 身体障害者診断書
  • 写真(2枚)
  • 印鑑
  • 医師の診断書
  • 写真(1枚)
  • 写真(1枚)
  • 印鑑
  • 所定の診断書または精神障害を事由とする年金の証書等の写し

手帳の再交付申請
(障害程度が変化したときまたは新たな障害が生じたとき)

  • 身体障害者診断書
  • 写真(2枚)
  • 印鑑
 
  • 精神障害者保健福祉手帳
  • 写真(1枚)
  • 印鑑
  • 所定の診断書
手帳の再交付申請
(亡失したとき)
  • 写真(2枚)
  • 印鑑
  • 写真(1枚)
  • 写真(1枚)
  • 印鑑
手帳の再交付申請
(き損し、使用に耐えないとき)
  • 身体障害者手帳
  • 写真(2枚)
  • 印鑑
  • 療育手帳
  • 写真(1枚)
  • 精神障害者保健福祉手帳
  • 写真(1枚)
  • 印鑑
手帳の返還
  • 身体障害者手帳
  • 印鑑
  • 療育手帳
  • 精神障害者保健福祉手帳
  • 印鑑
居住地・氏名変更届
  • 身体障害者手帳
  • 印鑑
  • 療育手帳
  • 精神障害者保健福祉手帳
  • 印鑑
有効期限の記載された手帳の再申請【再交付申請】
  • 身体障害者手帳
  • 身体障害者診断書
  • 写真(2枚)
  • 印鑑
【再判定】
  • 療育手帳
  • 写真(1枚)
【有効期限は2年間】
  • 精神障害者保健福祉手帳
  • 写真(1枚)
  • 印鑑
  • 所定の診断書または精神障害を事由とする年金の証書等の写し
手帳の交付申請等に関する問い合わせ先障害福祉課
呉市中央4丁目1-6
(0823-25-3135)

障害福祉課
呉市中央4丁目1-6
(0823-25-3135)
広島県西部こども家庭センター
広島市南区宇品東4-1-26
(082-254-0381)

障害福祉課
呉市中央4丁目1-6
(0823-25-3135)

※診断書

  1. 身体障害者手帳申請用の診断書は、障害の部位ごとに様式が異なります。
  2. 療育手帳申請用の診断書は、様式を問いません。
  3. 精神障害者保健福祉手帳申請用の診断書は、所定の様式があります。

※提出する写真

  1. 縦4cm×横3cm
  2. 脱帽し上半身を写した鮮明な写真で顔の大きさは概ね縦2・5cm×横2cm
  3. 写真の裏面には、氏名・撮影年月日を記入してください。
  4. 6か月以内に撮影した写真(精神障害者保健福祉手帳は1年以内)

※印鑑
シャチハタ不可、療育手帳の申請には必要ありません。(広島市または県外から転入した人が交付申請する際に必要な場合があります。)