ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 福祉 > 障害 > 理解と協力を 身体障害者補助犬制度

理解と協力を 身体障害者補助犬制度


障害者の自立生活や社会参加を促進するため、平成14年10月1日に身体障害者補助犬法が施行されました。

今までの盲導犬に加えて介助犬、聴導犬が対象で、(1)公共施設や公共交通、(2)ホテル・レストラン等の不特定多数の人が利用する施設では、これらの犬の同伴を、原則として拒否できません。

事業者や市民の皆さんには、身体障害者補助犬の果たす重要な役割へのご理解とご協力をお願いします。