ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

通知カードが廃止されました


法律の改正により、通知カードは、令和2年5月25日に廃止されました。廃止後は、通知カードの取り扱いが変わりますので注意してください。
なお、廃止後も、マイナンバーに変更はありません。

   通知カード表 通知カード裏

通知カード廃止後の取り扱い

廃止後は、通知カードに関する以下の手続きが出来なくなります。

  • 氏名、住所などの記載事項の変更手続き
  • 交付および再交付手続き

通知カードは、通知カードの記載事項(住所、氏名等)が住民票と一致している場合に限り、廃止後も引き続き、マイナンバーを証明する書類として使用できます。
廃止後、初めてマイナンバーが付番される方には、マイナンバーが記載された「個人番号通知書」が送付されます。

廃止後、マイナンバーを証明する書類

  1. マイナンバーカード
  2. マイナンバーが記載された住民票または住民票記載事項証明書
  3. 通知カード(住民票の記載事項と一致している場合に限る。)

※初めてマイナンバーが付番される方には、マイナンバーが記載された「個人番号通知書」が送付されますが、この通知書は、マイナンバーを証明する書類として使用できません。

マイナンバーカードの取得

マイナンバーカードは、顔写真付きの身分証明書として利用できるほか、コンビニエンスストア等の端末で住民票や戸籍謄本などが取得できる便利なカードです。コンビニエンスストアでの交付手数料は、窓口交付より一律100円お得になります。
マイナンバーカードの取得には、郵送やパソコン・スマートフォンなどから申請することができます。
この機会にマイナンバーカードを取得してみてはどうですか。【マインバーカードの申請方法