ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 消費生活・相談 > 相談 > 消費者行政に関する市長からのメッセージ
トップページ > 市政運営・行政改革 > 市の計画・ビジョン > 消費者行政に関する市長からのメッセージ

消費者行政に関する市長からのメッセージ


  近年の消費者を取り巻く社会環境は,高齢化の増加やインターネット,スマートフォンの普及などにより大きく変化するなか,消費者心理につけ込んだ悪質商法や特殊詐欺の手口も巧妙化し,消費者被害も複雑・多様化しております。

 特に,新型コロナウイルス感染症拡大により生活様式も変わり,自宅で過ごす時間が長くなっております。それに伴い,在宅時に訪問する勧誘や通信販売,インターネット取引などに関するトラブルが増加しており,消費者に対して更なる注意喚起が必要となっています。

 呉市では,「消費生活センター」に専門資格を持った消費生活相談員を配置し,消費生活・多重債務に関する相談に対応しています。更には広報誌のほか,地域や学校等への出張講座を開催するなど消費者教育にも取り組み,消費者トラブルの未然防止,早期発見,被害の拡大防止に努めております。

 また,令和2年12月より「呉市高齢者等見守りネットワーク事業」を設立しました。消費者安全法に定める消費者安全確保地域協議会として位置づけ,高齢者,障害者等の消費者被害を防止するため,関係機関,民間事業者等と連携しながら取組を進めてまいります。

 さらに,高齢者の振り込め詐欺などの特殊詐欺,悪質な電話勧誘などの被害を未然に防止するため,迷惑電話防止機能付き固定電話機の購入に係る助成の促進に努めてまいります。

 今後も,日々変化していく問題へ対処できるよう,関係機関と連携を図りながら,消費生活相談体制の充実・強化に努めるとともに,市民の皆様の安全・安心な消費生活の実現に向けて,積極的に消費者行政の推進に取り組んでまいります。

 

令和3年3月 呉市長 新原 芳明