ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 豊浜市民センター(支所) > 豊浜町で漁師になろう!(若者がなぜ豊浜に集まるのか)

豊浜町で漁師になろう!(若者がなぜ豊浜に集まるのか)


  ここ数年で,豊浜町に移住して漁師として独立した若者は10人!家族を含めると20人!

   【年度別 新規漁業就業者の状況】 (  )内の数字は移住時の年齢

年度H23H25H26H27H28H29
人数
(年齢)
1人
(32)
2人
(22,30)
3人
(24,37,53)
1人
(24)
2人
(44,55)
1人
(46)
10人

縁のなかったこの島(豊島)へ,若者が集まっている秘密をご紹介します
 

 

【1】 『豊島タチウオ』のブランド力

 1.伝統の一本釣りの高い技術
   豊浜町豊島の漁師は,昔から網を使わず,一本釣り(引き縄漁)で獲るので,タチウオにキズを付けません。光輝く銀色を放つタチウオは鮮度も良く,『瀬戸の名刀』と呼ばれています。

 2.品質の高さ
   釣った魚は,船上で出荷用にサイズを揃えて,素早く箱詰めにし,魚に触れる回数を少なくしています。5kg入りの箱には,釣った漁師の名前が彫られていて,キズモノやサイズの異なるタチウオを入れないように責任を明確にしています。

 3.選別の厳しさ
   獲った魚はすべて,呉豊島漁協の荷さばき場に集められ,漁協職員が『豊島タチウオ』の品質を落とさないよう,厳しい目で選別を行っています。選別を通ったタチウオだけが,その日のうちに大阪市場に向けて出荷していきます。

   tatiuohako     tati

【2】 魚を獲ることに専念できる環境がある

 広島県内の漁師は,通常,獲った魚を近くの市場に卸しています。しかし市場の取引では,安価な場合が多いので,なかなか収入増に結びつきません。中には「丘売り」と言って,自分でご近所や得意先に直接販売している人もいます。
 朝早く海へ出漁し,魚を獲って帰って来て,売るところまでを自分でするのが,瀬戸内の漁師の実態です。
 
 ところが,豊浜町豊島の漁師は,売るのは呉豊島漁協が大阪市場へ共同出荷してくれます。しかも『豊島タチウオ』のブランド力もあるので,高級料亭等に出回るタチウオとして,高価に取引されています。
 新人漁師にとって,獲ることに専念できる恵まれた環境が整っています。

  ★参考★ 北田 國一 組合長 【とびしま海道HP「島人紹介」をご覧ください。 http://www.tobishima-kaido.net/persons/%e8%b1%8a%e6%b5%9c%e7%94%ba%e8%b1%8a%e5%b3%b6%e3%80%80%e5%8c%97%e7%94%b0%e5%9c%8b%e4%b8%80%e3%81%95%e3%82%93<外部リンク>

  nisabaki  torakku seinennbu

【3】 呉市の漁業担い手支援・研修制度の充実

 呉市農林水産課では,漁業の担い手確保のため各種支援制度を準備しています。
 豊浜町へ移住してきた8人は,いずれもこれらの制度を活用して,着業に至っています。
 

    新規漁業就業者への支援制度     【平成28年現在】

区分名称概 要条件

漁師研修

漁師弟子入り体験

まずは体験(やってみる!)
●面接・・・親方漁師と面談
 研修生は,体験の概要や漁業のイロハを聴いてみる機会。
 親方は,研修生の人となり,真剣さを見極めて船に乗せるかどうかを判断する機会
●乗船・・・2日間の乗船
 親方の船に早朝から乗って,漁師の一日を肌で体験してみる。2日間の体験後に自分の進路を決める。

50歳以下
真剣に漁師になりたい方
 【呉市・漁協連絡協議会主催】
漁業長期研修

半年間の漁業研修
●親方について,半年間の実践研修
●豊浜に移住し,親方や他の漁師と関わりながら,漁の技術,操船技術を学ぶ研修。

年齢・人数等に制限あり
移住後に実施
 【広島県新規漁業就業者支援協議会主催】
シルバー漁師研修年齢の高い人を応援
●書類審査,面接・・・親方漁師と面談
●短期研修・・・乗船2日間
●中期研修・・・乗船10日間
45~60歳
真剣に漁師になりたい方
 【呉市主催】
支援制度着業支援漁師になるために必要な経費の一部助成
●船の購入,漁具の購入
●組合加入の負担金
必要な漁師研修を修了した者
50歳以下
定着支援着業後,漁業経営を継続するに必要な経費の一部助成
●船の設備,機械の更新
●漁具の購入
必要な漁師研修を修了した者
50歳以下

  *制度の詳細については,呉市農林水産課水産振興室(☎0823-25-3319)へお問合せください。