ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 都市計画課 > 都市計画区域,土地利用

都市計画区域,土地利用


都市計画区域

 都市計画区域は,健康で文化的な都市生活と機能的な都市活動を確保するために,一体的かつ総合的に整備,開発,又は保全する必要がある区域を指定するものです。
 呉市では,次の3つの都市計画区域を指定しています。

区域名面積 (ha)区域
広島圏都市計画区域   14,622ha情島,小情島を除く旧呉市域
川尻安浦都市計画区域    7,979ha柏島を除く川尻町域及び安浦町全域
音戸都市計画区域    1,246ha山地部,沖之島を除く音戸町域

 都市計画区域の整備,開発及び保全の方針

 都市計画区域の整備,開発及び保全の方針(都市計画区域マスタープラン)は,長期的な視点に立った都市の将来像を明確にするとともに,その実現に向けての道筋を明らかにするものです。
  呉市では,都市計画区域毎に3つの都市計画区域マスタープランを定めています。

 市街化区域及び市街化調整区域

 市街化区域及び市街化調整区域は,無秩序な市街化を防止し,計画的な市街化を図るため,都市計画区域を区分して定めるものです。市街化区域は,既に市街地を形成している区域及びおおむね10年以内に優先的かつ計画的に市街化を図るべき区域であり,市街化調整区域は市街化を抑制する区域です。
 呉市では,広島圏都市計画区域のみ市街化区域及び市街化調整区域を定めています。

区域名区分面積(ha)
広島圏都市計画区域市街化区域        3,576ha
市街化調整区域        11,046ha

用途地域

 用途地域は,市街地において建物の用途の混在による生活環境の悪化と都市機能の低下を防ぎつつ,合理的な土地利用を図るため,それぞれの地域にふさわしい建築物の用途・形態・容積等について,守るべき最低限のルールを定めるものです。
 呉市では,広島圏都市計画区域及び川尻安浦都市計画区域で用途地域を指定しています。

区域名区分建ぺい率・
容積率(%)
高さ制限
(m)
面積
(約ha)
広島圏都市計画区域第1種低層住居専用地域50 ・ 100%10m   480ha
第2種低層住居専用地域50 ・ 100%10m    22ha
第1種中高層住居専用地域60 ・ 200%   568ha
第2種中高層住居専用地域60 ・ 200%    14ha
第1種住居地域60 ・ 200% 1,113ha
第2種住居地域60 ・ 200%    25ha
準住居地域60 ・ 200%     8ha
近隣商業地域80 ・ 200%    10ha
80 ・ 300%   269ha
80 ・ 400%    31ha
商業地域80 ・ 400%    72ha
80 ・ 500%    27ha
80 ・ 600%    42ha
準工業地域60 ・ 200%   327ha
工業地域60 ・ 200%   299ha
工業専用地域60 ・ 200%   268ha
用途地域の指定のない地域60 ・ 200%   -
川尻安浦都市計画区域第1種低層住居専用地域60 ・ 150%10m  43.5ha
第1種中高層住居専用地域60 ・ 200% 107.7ha
第1種住居地域60 ・ 200% 294.9ha
第2種住居地域60 ・ 200%  26.1ha
準住居地域60 ・ 200%   2.5ha
近隣商業地域80 ・ 200%  27.8ha
80 ・ 300%  19.9ha
商業地域80 ・ 400%   2.0ha
準工業地域60 ・ 200%  65.5ha
工業地域60 ・ 200%  54.3ha
用途地域の指定のない地域70 ・ 400%   -
音戸都市計画区域用途地域の指定のない地域70 ・ 400%   -

特別用途地区

 特別用途地区は,用途地域内において特別の目的から土地利用の増進・環境の保護等を図るために定めるものです。
 呉市では,内陸部に造成された工業団地に特別工業地区を定め,地区内の生産環境と生活環境との調和を図るため,建築物の用途,構造及び敷地の制限を行っています。

区域名名称面積(約ha)条例
広島圏都市計画区域桑畑特別工業地区    22ha呉市桑畑・郷原特別工業地区建築条例
郷原特別工業地区    31ha

高度利用地区

 高度利用地区は,用途地域内の市街地における土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の更新とを図るため,建築物の容積率の最高限度及び最低限度,建ぺい率の最高限度,建築面積の最低限度並びに壁面の位置の制限を行うものです。

区域名名称面積(約ha)制限内容
広島圏都市計画区域呉駅前西地区    1.4ha容積率の最高限度 70/10
  〃  の最低限度 20/10
建ぺい率の最高限度 7/10
建築面積の最低限度 200平方メートル
壁面の位置の制限   あり

防火地域・準防火地域

 防火地域及び準防火地域は,都市の防災対策として市街地の中心部などで特に重要な地区を指定し,建築基準法により建築材料,構造等の規制をして,市街地における火災の危険を低減,防除するために定めています。

区域名種別面積 (約ha)
広島圏都市計画区域防火地域107ha
準防火地域494ha
川尻安浦都市計画区域準防火地域31ha

駐車場整備地区

 駐車場整備地区は,商業地域・近隣商業地域とこれらの周辺の地域内において自動車交通が著しくふくそうする地区で,道路の効用を保持し,円滑な道路交通を確保する必要があると認められる区域について指定しており,一定規模以上の建築物の新築や増築をする場合,条例によって駐車施設の附置を義務づけられます。

区域名種別面積 (約ha)
広島圏都市計画区域駐車場整備地区        115ha
周辺地区(市指定)        66.8ha

臨港地区

 臨港地区は,港湾を管理運営するため,港湾施設としての機能を整備し,港湾周辺の効率的利用を図るために必要な地区を指定しています。

区域名名称面積 (約ha)
広島圏都市計画区域呉港臨港地区403ha
川尻安浦都市計画区域川尻港臨港地区0.6ha
音戸都市計画区域釣士田港臨港地区0.3ha

促進区域

 促進区域は,主として土地所有者等に対し,一定期間内に速やかに,一定の土地利用を実現することを促し,市街地の計画的な整備,開発が図られるように定める地区です。

区域名名称面積 (約ha)
広島圏都市計画区域呉駅南拠点業務市街地整備土地区画整理促進区域4.5ha

                                  注) 数字はいずれも,平成27年4月現在のものです。