ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 都市計画課 > 国土交通省「Project PLATEAU(プラトー)」において呉市の3D都市モデルがオープン化されました

国土交通省「Project PLATEAU(プラトー)」において呉市の3D都市モデルがオープン化されました


 国土交通省において,現実の都市をサイバー空間に再現する3D都市モデルのオープンデータ化事業「Project PLATEAU(プラトー)」の2020年度事業として,全国56都市の3D都市モデルがWEBサイト上で公表されました。
 呉市は,今年度,このProject PLATEAU(プラトー) の3D都市モデル整備の対象都市に応募し,採択されており,この度,公表されたWEBサイト上では,呉市の3D都市モデルを閲覧することができます。

 【サイトURL】https://www.mlit.go.jp/plateau/<外部リンク>
 なお,Internet Explorerからは見ることができません。Chrome,Safari,Edgeから上記,サイトにアクセスしてください。

 

 ※3D都市モデルは,二次元の地図に建物・地形の高さや建物の形状などを掛け合わせて作成した三次元の地図に,多様な情報を加え,都市空間そのものをデジタル上で再現するものです。これまで分散していた建物の情報や人口流動,環境やエネルギーのデータなどを三次元化した地形データに統合することで,都市活動のシミュレーション,分析等を可能とします。

 ※3D都市モデル上では,ハザードマップや各種都市計画情報及び一部地域の人流などのデータを重ね,可視化することができます。

 呉市では,今後,3D都市モデルの活用について,民間事業者からのアイデアを募集しながら,官民連携による活用を進めます。

 

Project PLATEAUで描画されたイメージ図

    【航空写真の上に建物モデルを表示(JR呉駅前の状況)】

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)