ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 健康 > 健康維持・増進 > 【新型コロナ】濃厚接触者等の待機期間短縮
トップページ > 医療 > 検診・予防接種 > 【新型コロナ】濃厚接触者等の待機期間短縮

【新型コロナ】濃厚接触者等の待機期間短縮


オミクロン株の感染急拡大に伴い、令和4年1月31日、新型コロナウイルス感染症広島県対策本部から、濃厚接触者等の待機期間短縮等について事務連絡が発出されました。

それに伴い、本市の濃厚接触者等の取扱いを次のとおり変更します。

 【主な変更点】

※いずれの場合も,10日間を経過するまでは,検温などご自身による健康の状態の確認を行ってください。

※令和4年1月28日適用(同日時点で濃厚接触者,無症状患者である方にも適用されます。)

待機期間の短縮

・濃厚接触者

 (変更前)10日間 → (変更後)7日間

社会機能維持者の待機期間

  (変更前)7日間 → (変更後)5日間

  *4日目及び5日目に抗原定性検査等を実施し,陰性を確認すること等で,5日目の自宅待機を解除することができます。

無症状者の療養解除基準の短縮

 (変更前)10日間 → (変更後)7日間

  *症状がなく,検体採取日から7日間経過した場合に療養を解除することができます。


★詳しくは,別添ファイルをご覧ください。

 待機期間短縮 [PDFファイル/88KB]

  広島県事務連絡 [PDFファイル/81KB]

  厚生労働省事務連絡 [PDFファイル/1.36MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe社サイト<外部リンク>からダウンロードしてください。(無料)