ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > ライフイベント > 妊娠・出産 > 不妊治療費助成事業

不妊治療費助成事業


  呉市では,一般不妊治療(人工授精)及び特定不妊治療(体外受精・顕微授精)または特定不妊治療に併せて男性不妊治療を受けた夫婦に対し,治療に要する費用の一部を助成し,その経済的負担の軽減を図ることを目的とした事業を行っています。
※特定不妊治療については,令和2年度の制度改正に伴い,令和3年1月1日治療終了分からの助成に関しては取り扱いが異なります。 (お知らせ) 【助成拡充の内容】  [PDFファイル/80KB]
詳しくは,ご案内の【概要】を確認の上申請してください。

 

【令和4年4月から不妊治療が保険適用になります】

・特定不妊治療(体外受精・顕微授精)

 令和4年4月から特定不妊治療が保険適用となるのに伴い,現在の助成制度は令和3年度で終了します。

 ただし,助成制度から保険適用となる移行期の治療計画に支障が生じないよう,「年度をまたぐ1回の治療」については,経過措置として助成金の対象になります。

 【参考】厚生労働省子ども家庭局母子保健課令和3年度補正予算資料 [PDFファイル/272KB]

 

【令和4年3月31日までに治療を開始し,年度をまたいで終了した特定不妊治療について】

 経過措置として,年度をまたぐ1回分の治療に対し,現在の助成制度どおりの助成が受けられます。

 対象となる治療が終了した日の翌日から起算して2か月以内に申請してください。

 

【令和4年3月31日までに終了した特定不妊治療について】

 特定不妊治療(体外受精・顕微授精)の申請期限は,原則,対象となる治療が終了した日の翌日から起算して2か月以内としております。

 ただし,令和4年3月中に治療を終了される予定の方は,年度区分の都合により,下記の期限までに提出してください。

 令和4年3月中に治療が終了したものにつきましては,令和4年4月28日までに申請をお願いいたします。

 申請が令和4年4月28日に間に合わない場合は,事前に地域保健課までご連絡ください。

 

・一般不妊治療(人工授精)

 保険適用後も現在の助成制度どおりの助成が受けられます。

 

【ご案内】

 ・  【概要】 呉市一般不妊(人工授精)治療費助成事業 [PDFファイル/178KB]

   

 ・   令和3年1月1日以降に特定不妊治療(体外受精・顕微授精)が終了した方へ

    【概要】 呉市特定不妊治療費助成事業(令和3年1月1日以降治療終了分)」

   [PDFファイル/203KB]


【申請書類】

 ・  様式第1号 呉市不妊治療費助成事業申請書  [PDFファイル/162KB] 

 ・  様式第2号 呉市不妊治療費助成事業助成金請求書 [PDFファイル/57KB]

 ・  様式第3号 債権者登録申請書  [PDFファイル/477KB]

 ・  様式第4号 呉市一般不妊(人工授精)治療費助成申請に係る証明書  [PDFファイル/98KB]     

 ・  様式第4号 (広島県統一様式)不妊治療費助成申請に係る証明書(特定不妊治療用)

   [PDFファイル/175KB]
 ・  事実婚関係に関する申立書(別紙1) [PDFファイル/71KB]


【参考】

 ・  様式第1号(記入方法) [PDFファイル/166KB] 
 ・  様式第2号(   〃   ) [PDFファイル/63KB]
 ・  様式第3号(記入例)   [PDFファイル/535KB]

 

【呉市内の指定医療機関】

  医療法人 永心会 笠岡レディースクリニック

  〒737-0811 呉市西中央1丁目3-9 呉信愛ビル5F

  電話:0823-23-2828

 

【呉市内の指定医療機関における不妊治療の実施状況】

 不妊治療の実施状況(令和3年3月1日時点) [PDFファイル/390KB]

 

【新型コロナウイルス感染症の影響による特例措置の実施について】

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い,不妊治療を受けている夫婦が治療の延期を余儀なくされることが想定されたため,特例措置を設けています。 [PDFファイル/479KB]

 

 

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe社サイト<外部リンク>からダウンロードしてください。(無料)