ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 医療 > 感染症・特定疾患 > エイズ・梅毒の相談・検査について

エイズ・梅毒の相談・検査について


エイズや梅毒の現状

 エイズは,HIVというウイルスに感染しておこる感染症です。HIVに感染後,数年経過してエイズが発症します。日本では,新規報告者数のうち,およそ3割がエイズを発症して見つかっており,HIV感染に気付かないまま生活していることが考えられます。現在はさまざまな治療薬が出ており,きちんと服薬することでエイズ発症を予防したり,遅らせたりすることが可能になっています。

 梅毒は,梅毒トレポネーマという病原菌が原因でおこる感染症で,性的な接触(他人の粘膜や皮膚と直接接触すること)などによって感染します。早期の薬物治療で完治が可能ですが,検査や治療が遅れたり,治療せずに放置したりすると,長期間の経過で脳や心臓に重大な合併症をおこすことがあります。                                                 また,完治しても,感染を繰り返すことがあり,再感染の予防が必要です。

☆早期発見・早期治療,感染拡大防止のためにも検査は大切です。

 

検査について

  ☆呉市では,2018年(平成30年)4月から,エイズ検査に加え,梅毒検査を実施します。(梅毒の単独検査は行いません。)

  ☆検査を受けるためには予約が必要です。(匿名・無料

検査日

  • 毎月第2火曜日  9時00分~11時00分
  • 夜間検査 6月と12月 17時00分~19時00分

会場

    すこやかセンターくれ2階

予約受付

  電話 または 来所

   保健総務課 予防グループ(すこやかセンターくれ5階)   Tel(0823)25-3525 

 ※呉市では「迅速(即日)検査」を実施しており,検査結果は当日お知らせします。
  (ただし,検査結果が判定保留になった場合,確認検査を行いますので,結果通知は2週間後になります。)

 

より正確なエイズ検査の結果を知るためには・・・

より正確なエイズ検査の結果を知るためには・・・
     

電話・来所相談

 エイズや梅毒に関する悩みや相談を受け付けています(匿名・無料)。
 心配なことがあれば,まず御相談下さい。プライバシーに配慮します。

 保健総務課(すこやかセンターくれ5階) 
 平日8時30分~17時15分  
 Tel(0823)25-3525
 

※広島県内でエイズ検査・相談ができるところ 

  県内で相談できるところ [PDFファイル/139KB]

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)