ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 秘書広報課 > 平成30年7月豪雨災害 呉市長指示・関係機関への要請等

平成30年7月豪雨災害 呉市長指示・関係機関への要請等


8月22日(水曜日)

各省庁等への要望

 中川環境大臣に天応地区で被災状況を、広多賀谷集積場で災害廃棄物の集積状況を説明。災害廃棄物処理事業につ

 いて、財政支援のさらなる拡充をお願いした。

 

8月10日(金曜日)

各省庁等への要望

 広島県(知事、副知事、各局長)、中国整備局、中国運輸局、中国四国農政局等を訪問し、今後の復旧・復興についての

 個別、具体的な支援をお願いした。

 

8月5日(日曜日)

各省庁への要望

 安倍内閣総理大臣に天応地区で被災状況、捜索状況を説明。がれきや土砂の処理を始めとして、ハード及びソフト両面

 での一層の支援をお願いした。

 

8月3日(金曜日)

各対策部への指示

 政府の「平成30年7月豪雨 生活・生業再建支援パッケージ」に基づく対応について各対策部へ指示。

 観光業をはじめ中小企業・小規模事業者の皆様へ、パッケージに基づく支援制度の活用を呼び掛ける。

 

7月25日(水曜日)

各省庁への要望

 国土交通省、総務省、厚生労働省、環境省にこれまでのお礼と引き続き復興支援のお願いを行いました。

 また、観光庁に観光に関する復興支援のお願いを行いました。

 

7月23日(月曜日)

市内の企業への要請

 呉商工会議所の神津会頭を通じて、呉市内の企業へ要請しました。

要請

   ・ 通勤時の渋滞緩和に向けて、相乗りやテレワーク、時差出勤などを行っていただくこと

   ・ 住宅を失った被災者のために、天応・安浦地区で企業が保有する社宅を提供していただくこと 

 

7月21日(土曜日)

安倍内閣総理大臣への要望

 安浦地区で被災状況を説明。その後、呉市役所にて意見交換し、次の事項を要望しました。

要望

   ・ 交通網の早期復旧

   ・ 土砂の早急な撤去

   ・ 被災者の住宅確保支援  等 

 

7月18日(水曜日)

稲山消防庁長官への要望

 被災の概要について説明するとともに,災害復旧事業の早期かつ完全な実施と頻発する自然災害に耐えうる強靱な都市づくりについてお願いをいたしました。

要望

 1  復旧・復興のための人的・技術的支援
 2  災害に強い情報通信インフラ及び行政情報ネットワーク再構築
 3  地方交付税等による財政支援
 4  復旧・復興のための地方債制度による財政支援  

 

7月17日(火曜日)

職員への指示

内閣府,厚生労働省を通じて,川尻地区の断水の原因となっているポンプの修理に最善を尽くしているが,なお時間がかかる。
不便な土地に住んでいる高齢者など,住民の要望をきめ細かく丁寧に聞いて対応するよう指示。

 

7月16日(月曜日)

小野寺防衛大臣への要望

これまでの自衛隊支援へのお礼と次の支援を要望しました。

  • 二次災害防止や生活の回復のための土石の排除
  • がれきや土砂など廃棄物の運搬

 

7月15日(日曜日)

小此木防災担当大臣への要望

天応地区の被災状況を説明。

さらに,特に次のことについて支援をいただくよう要望しました。

短期的な要望

  • 二次被害防止のための土砂の早急な撤去
  • 被災された方々の住宅確保
  • クレアラインやJR呉線などの早急な機能回復
  • 災害廃棄物処理の促進
  • 被災者の生活再建のための幅広い支援
  • 復旧・復興に向けての人的・技術的支援
  • 激甚災害の早期指定
  • 災害復旧事業のための財政支援

中長期的な要望

  • 道路の強靱化,特に呉平谷線の建設
  • JR呉線の恒久的な機能強化
  • 砂防(土石流・急傾斜地対策)事業の促進
  • 河川(浸水対策)事業の促進

 

7月14日(土曜日)

石井国土交通大臣への要望

天応地区の被災状況を説明。

さらに,特に次のことについて格段の支援をいただくよう要望しました。

  • 二次被害防止のための土砂の早急な撤去
  • 被災された方々の住宅支援
  • クレアラインやJR呉線などの交通の早急な復旧
  • 砂防(土石流・急傾斜地対策)事業についての特段の配慮
  • 河川(浸水対策)事業についての特段の配慮
  • 復旧・復興に向けての人的・技術的支援
  • 激甚災害の早期指定
  • 災害復旧事業に係る財政支援

 

7月13日(金曜日)

内閣官房 横田審議官,広島県知事への要請

  • これまで救出最優先で作業を行っていただいている天応,吉浦新出町,安浦町市原,中畑,下河内地区について,できるだけ早く二次被害防止のための土砂撤去の対応を行っていただきたい。
     
  • 上記3カ所以外の地区については,現在既に二次被害防止のための土砂撤去の作業を行っていただいているが,自衛隊の増員をお願いし,対応箇所を増やすとともに,作業を早めていただきたい。

対応

 県・自衛隊・国土交通省が調整して対応中

 

陸上自衛隊との連携

避難指示地域(天応地区)の現地調査のため,陸上自衛隊のヘリコプター出動要請。

結果

専門家と現地調査及び対応措置を実施し,安全確認を行った上で,避難指示(緊急)を解除し,避難勧告に変更

 

7月11日(水曜日)

広島県知事への要請

応急復旧対策期間中の安芸灘大橋の無料開放

対応

同日17時から無料開放

 

7月9日(月曜日)

職員への指示

今後の災害対応に関し,人命救助に加え,水道やインフラの復旧,水道の復旧までの生活用水を含む生活物資を市民の皆様にお届けすること等についての遺漏なき対応,関係機関との密接な連携等を指示

広島県知事への要請

  1. 給水車の増派要請
     
  2. 特に優先して復旧が必要な道路
     ・東広島・呉自動車道
     ・国道31号(坂町水尻崩落)
     ・国道185号(川尻トンネル崩土・仁方町陥没)

対応

  1. 給水車
    7月10日(火曜日)以降,各自治体・陸上自衛隊等からの給水応援
     
  2. 道路
    7月11日(水曜日)までに通行可能