ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 環境・ごみ > 環境への取り組み > 食品ロスを減らそう!

食品ロスを減らそう!


食品ロスを減らそう!

「食品ロス」とは?

 「食品ロス」とは、手つかず食品や食べ残しなど、まだ食べられるのに捨てられてしまう食品のことです。日本国内では、売れ残りや期限切れの食品、食べ残しなどにより、1年間に約621万トン(平成26年度推計)の「食品ロス」が発生しており、そのうちの半数が家庭からとされています。これを日本人1人当たりに換算すると、毎日お茶碗約1杯分(約134g)のご飯の量を捨てていることになります。

「食品ロス」を減らすことで

食品ロスを減らすことでごみの減量化となり、運搬や処理(焼却)にかかる二酸化炭素排出量の削減となるとともに、家計にかかる食費の軽減にもつながります。

まずは、一人一人が意識を持って「食品ロス」を減らしていくことが大切です。

全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会<外部リンク>に呉市も加入しています。

「食品ロス」の原因は?

食品ロスは次の理由により発生します。

・調理に使い切れずに捨てられたもの・・・・・・・・・・・・「買い過ぎ」

・賞味期限が切れて捨てられたもの・・・・・・・・・・・・・・「期限切れ」

・調理のときに食べられる部分が捨てられたもの・・・「過剰除去」

・食べ切れずに捨てられたもの・・・・・・・・・・・・・・・・・・「食べ残し」

「食品ロス」を減らすためには

「直接廃棄」を削減

 1.買い物に行く前に、冷蔵庫にある食材をチェックし、買い過ぎない。

 2.冷蔵庫に残っている古い食材から使う。

 3.賞味期限を過ぎたものをすぐに捨てない。

   賞味期限とは、「おいしく食べられる期限」で、消費期限とは、「食べても安全な期限」です。

   まずは、期限内に食べきるようにしてください。

   なお、未開封であれば、賞味期限を過ぎていても、すぐに食べられなくなるわけではありません。

   それぞれの食品が食べられるかどうかについては、消費者が個別に判断することも大切です。

 ☆賞味期限と消費期限について

   農林水産省の解説 http://www.maff.go.jp/j/syokuiku/kodomo_navi/featured/abc2.html<外部リンク>

「過剰除去」を削減

  1.野菜や果物の皮は必要以上にむかない。

  2.野菜の皮や葉など、食べられる部分は捨てずに調理して有効活用する。

 

「食べ残し」を削減

  1.食べられる量だけ調理する。

  2.冷蔵庫に料理を眠らせたままにせず、優先的に食べる。

  3.作りす過ぎて余った料理を他の料理に作り替え、食べ切る。

   【活用・作り替え例紹介】

    ・クックパッド(消費者庁のキッチン)  http://cookpad.com/kitchen/10421939<外部リンク>

  ☆呉市では,市内の小中学校の児童・生徒を対象に、エコクッキングの講座を実施しています。

    呉市出前環境講座 http://www.city.kure.lg.jp/soshiki/18/sonota-demae.html

ろすのん

全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会全国共同キャンペーン実施中

チラシ [PDFファイル/218KB]

チラシ

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)