ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 新型コロナウイルスワクチン接種体制確保事業プロジェクトチーム > 【新型コロナワクチン接種】基礎疾患がある方等の優先予約

【新型コロナワクチン接種】基礎疾患がある方等の優先予約


基礎疾患がある方等の新型コロナウイルスワクチン優先接種予約について

 新型コロナウイルスワクチン接種について,接種体制の大幅拡大により接種を希望する高齢者の方々の7月末までの接種完了が見込まれることから,次の優先順位である基礎疾患のある方等に対しワクチン接種の優先予約期間を設けます。
 また,呉市独自に民生委員,教職員,保育士についても優先予約期間を設けます。
 なお,7月上旬に16歳以上の市民の方の接種券を発送します。

スケジュール

1 基礎疾患がある方の接種

 まずは,かかりつけ医等で接種可能かどうか確認していただき,可能な限りかかりつけ医での接種をお願いします。
 かかりつけ医では,高齢者優先接種の期間でも予約枠やワクチンに余剰があれば,接種券がなくても基礎疾患がある方に接種できる場合がありますので,受診の際にお問合せください。
 かかりつけ医での接種ができない場合は,かかりつけ医に限らず予約受付をしている医療機関に個別接種が可能かお問合せいただくか集団接種を予約してください。

2 接種券の発送予定

   16歳以上の市民の方には,7月上旬に接種券を発送します。
  12歳以上の市民の方の接種券発送については,詳細が決まり次第お知らせします。

3 優先予約の方法

 個別接種の医療機関への直接予約,集団接種のWeb予約,コールセンター予約ともに対象者に該当することを申告することで予約が可能となります。

 【優先予約期間】7月10日(土)から7月19日(月)まで
(予約受付期間は広報の上,早める場合があります。)

対象者区分及び申請方法は次のとおりです。

対象者区分

申請方法

高齢者施設等従事者の方(訪問介護事業所職員含む。)

予約時に所属する施設名等を申請し,接種時に所属がわかるものを提示する。

基礎疾患がある方

予約時に基礎疾患があることを申し出ていただき,接種時に予診票に基礎疾患があることを明記する。

60-64歳の方

予約時に60-64歳であることを申請し,接種時に年齢がわかる本人確認書類を提示する。

民生委員・教職員

保育士

予約時に所属する地区,学校・保育所等の名称を申請し,接種時に所属がわかるものを提示する。

 7月20日からは40歳以上の方と同順位の受付となります。

 8月17日からは39歳以下の方と同順位の受付となります

4 その他

(1) 一般予約の受付開始予定

優先予約以降は,年齢区分順に受付を開始します。

区  分

受付開始予定日

40歳以上の方

7月20日(火)

39歳以下の方

8月17日(火)


(2) 大規模接種会場及び集団接種会場での余ったワクチンの扱いについて

   呉市では,大規模接種会場及び集団接種会場での予約が埋まらない場合や接種できない人に対応する急なキャンセル等により発生する余剰ワクチンを有効活用するため,民生委員,教職員,保育士,消防士を対象に連絡し,同意を得た場合にワクチン接種を実施する予定です。

 

(3) ワクチン接種を推進するためのさらなる体制整備について

在宅で療養中の方などで診療所,集団接種会場での接種が難しい方については,かかりつけ医やかかりつけ薬局に働きかけ,ワクチン接種体制を整えるとともに,医師会などと協議しています。

また,基礎疾患がある方や外国人の方など新聞,市政だより等による情報が伝わりにくい方には障害者支援団体,呉市国際交流協会等を通じ積極的に情報発信していきます。

※高齢者の方を対象に6月中に実施するワクチン接種について

クレイトンベイホテルで実施する大規模接種会場(6月13日・20日)及び東西保健センターで実施する集団接種会場(6月12日以降の土・日曜日)については,6月4日現在定員に余裕がありますので,希望される方はWebかコールセンターでお申し込みください。