ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 文化芸術 > 文化・美術イベント > 南薫造記念館で特別展を開催します

南薫造記念館で特別展を開催します


お知らせ

来館される皆様へのお願い

来館されるすべての方に安心して鑑賞いただけるよう,次のとおり新型コロナウィルス感染拡大防止対策を行いますので,皆さんのご理解・ご協力をお願いいたします。

【来館時のお願い】

  • 入館時に発熱のある方や風邪症状があるお客様は、入館をご遠慮ください。
  • 館内ではマスクの着用をお願いいたします。マスクのない方は入館をご遠慮ください。

【入館時のお願い】

  • アルコール消毒液での手指消毒,咳エチケットの徹底をお願いいたします。
  • 館内では、他のお客様と距離を空けてご鑑賞いただきますようお願いいたします。また、展示室内での会話はお控えください。
  • 特別展示室の人数が多数となった場合、先に母屋やアトリエにご案内することがあります。会場の混雑緩和にご協力いただきますようお願いいたします。

呉市制120周年記念特別展 『新延輝雄と南薫造 美しき色彩のハーモニー 』 

 呉市安浦町出身の南薫造(1883-1950)は,日本近代洋画の巨匠として知られています。官展や光風会展,日本水彩展などで活躍し,帝国美術院会員や帝室技芸員に任命されたほか,母校・東京美術学校の教授として多くの画家を育てました。

 その教え子たちの中で,南と親しい師弟関係を結んだ一人が新延輝雄(1922-2012)です。新延は幼い頃から油絵に親しみ,優秀な成績で東京美術学校を卒業。原爆で両親を亡くすという苦境を乗り越え,広島を拠点に日展や日洋展で活躍し,南とともに戦後の広島の文化復興に寄与しました。

 南が日本の印象派と呼ばれた鮮やかな色彩で,瀬戸内を中心とした風景画を精力的に描いた一方,新延は南仏の古い町並みをハーフトーンの柔らかな色調で表現しました。本展では,国内外の風景画を中心に,師弟の心の交流と美しい色彩のハーモニーをお楽しみください。

  チラシはこちら 新延輝雄と南薫造 チラシ [PDF]

   南薫造《風早風景》  南薫造《夕日》  新延輝雄《ニース旧港》  新延輝雄《オーベルの秋》

[画像]左から 南薫造《風早風景》 《夕日》 新延輝雄 《ニース旧港》 《オーベルの秋》 いずれも南薫造記念館蔵 

展覧会情報

2022年5月21日(土曜日)から9月4日(日曜日)まで 9時00分~16時30分
火曜日休館 

一般200円(160円) 高校生120円(100円) 小中生80円(60円)

( )内は20名以上の団体料金。呉市に在住、または通学する小・中・高校生は無料。

広島中央地域連携中枢都市圏(竹原市・東広島市・江田島市・熊野町・海田町・坂町・大崎上島町)の小・中・高校生は無料。呉市いきいきパスをお持ちの方、障害者手帳等をお持ちの方は無料(要証明書)。

関連イベント

1.ガーデン・コンサート ~マリンバの調べ~

  日   時:6月12日(日曜日)13時30分~(30分程度)
  出   演:安浦マリンバ教室レッスン生と石原有希子さん
  参 加 費:無料(入館料が別途必要)
  定   員:20人(整理券※) ※抽選になる場合があります 

2.ミナミ・ド・陶器マルシェ

  安浦町の「土の器工房」と川尻町の「岩屋工房」の素敵な器が大集合!
  お気に入りを見つけてください。入場無料。

  日  時 :7月23日(土曜日)・24日(日曜日)9時~15時※ ※商品がなくなり次第終了します
  

3.アートワークショップ「ステキなカタチのお皿を作ろう」

  シート状の粘土を使って,自分だけの素敵なお皿を作りましょう。

  日  時 :7月23日(土曜日)13時30分~15時30分
  対  象 :小学生以上(小学生は要保護者同伴)
  材 料 費:2,200円(入館料が別途必要)
  定  員 :15人(先着)

 

4.記念講演会「新延輝雄の芸術」

  日  時 :8月6日(土曜日)13時30分~14時30分
  講  師 :寺本泰輔(比治山大学名誉教授,元呉市立美術館長)
  参 加 費:無料(入館料が別途必要)
  定  員 :20人(先着)

 

【お申し込み】
 1は当日13時より整理券を配布し,多数の場合は抽選とします。
 3は7月15日(金曜日),4は7月29日(金曜日)までに,呉市文化振興課へ電話(0823-25-3462),
 またはメール(bunsin@city.kure.lg.jp)でお申し込みください。

 新型コロナウィルス感染拡大防止のため,開催情報等に変更が生じる場合があります。
 最新情報は呉市文化振興課までお問い合わせ下さい。

小企画(1)南薫造と旅 ガイドブックから名所案内まで

12月22日(水曜日)から2022年6月20日(月曜日)まで

南薫造が旅先で収集した観光パンフレットや地図,名所案内等を展示します。

名所案内,ガイドブック [画像]名所案内,観光パンフレット

【次回予告】南家の教科書 -明治前期編-

2022年6月22日(水曜日)から12月18日(月曜日)まで

明治検定制度以前の初年教科書,検定教科書等を展示します。 

小企画(2)南家の絵はがきコレクションII 

11月25日(木曜日)~2022年5月23日(月曜日)まで

南薫造と永瀬義郎により,進駐軍向けに作られたクリスマスカードや,カラフルでユーモラスな外国のポストカードを紹介します。

進駐軍向けに作られたクリスマスカード(6枚組) [画像]進駐軍向けに作られたポストカード(6枚組)

【次回予告】南家の絵はがきコレクションIII 絵はがきで見る全国名所巡り

2022年5月25日(水曜日)~10月24日(月曜日)まで

全国の観光地で発行された名所,名跡などの絵はがきを紹介します。

小企画(3)南薫造の芸術観 -セガンティーニを中心に

2月23日(水曜日)~7月25日(月曜日)まで

南薫造がセガンティーニ等の芸術家について記した自筆原稿を展示します。

【次回予告】画家の自筆原稿を読む(3) -東京附近地名とアイヌ語

7月27日(水曜日)~2月20日(月曜日)まで

東京にあるアイヌ語由来の地名に興味を持った南薫造が,アイヌ語の意味と解釈を加えて考察した自筆原稿を紹介します。

※いずれの展示も、入館料のみでご覧いただけます。

お問い合わせ

[施設に関すること]南薫造記念館 電話 0823-84-6421

[展覧会・イベントに関すること]文化振興課 電話 0823-25-3462

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe社サイト<外部リンク>からダウンロードしてください。(無料)