ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

呉の歴史


時代おもなできごと
縄文時代呉市郷原町の郷原遺跡より、縄文前期~後期の土器・打製石鏃(せきぞく)・石匙(せきひ)・ スクレーパ・石錐などが出土。
呉市広町芦冠の芦冠遺跡より、縄文後期~晩期の土器・板状土偶などが出土。
弥生時代
  • (前期)呉市広町横路より弥生式土器破片出土。
  • (後期)呉市吉浦潭鼓町より弥生式土器破片出土。
    呉市栃原町より弥生式土器(壷)出土。
古墳時代
以降
  • (池浜古墳)呉市若葉町(現:海上保安大学校)にあったが、海軍工作庁建設のため消滅。
  • (情島古墳)呉市阿賀町情島に、半壊の状態で現存。形状は円墳と考えられ、内部構造は横穴式石室である。
  • 呉市幸町入船山より、8世紀から12世紀にかけての祭祀用の土師器・須恵器が多数出土。
時 代おもなできごと
大和時代
飛鳥時代
7世紀後半律令地方行政制度の整備に伴い、呉地域に安芸郡海里(呉湾沿海地域と島しょ部)・フナキ里(灰ヶ峰山ろく)・賀茂郡カツ里(広湾沿海地域か)が置かれる。
奈良時代8世紀安芸国に遣唐使船の建造が命じられる。
平安時代11世紀末~
12世紀初
呉浦の開発領主呉氏、呉浦の未開地を開発して「呉別符」とし、 雑公事部分を石清水八幡宮に寄進。
安土桃山
時代
天正3(1575)呉の末永景道、仁方の白井縫殿助ら,小早川水軍として石山合戦 に参加。このとき、白井縫殿助は戦死したと伝えられる。
江戸時代貞享3(1686)
文化3(1806)
宮原村の在郷市地域を呉町と呼ぶことを藩から認められる。
3月9日 伊能忠敬により仁方村と広村小坪において測量実施。
時 代おもなできごと
明治19(1886)5月4日第2海軍区鎮守府の位置を安芸郡呉港に設定。
22(1889)7月1日呉鎮守府開庁。同時に海兵団・呉海軍病院なども業務開始。
明23.4.21明治天皇の行幸を得て開庁式挙行。
30(1897)10月27日呉海軍造船廠において最初の軍艦「宮古」(通報艦)進水
(明27.5.26起工、明32.3.31竣工)。
32(1899)5月15日広島水力電気(株)により呉に電灯供給開始。
35(1902)10月1日宮原村・荘山田村・和庄町・二川町が合併し呉市誕生。
36(1903)2月2日呉市長(初代)に佐久間義一郎就任。
4月1日呉市において経営する小学校を8校、高等小学校を3校と定める。
11月10日呉海軍造船廠と呉海軍造兵廠が合併し、呉海軍工廠設立。廠内に造兵部・ 造船部・造機部・会計部・製鋼部・需品庫を設置。
12月27日呉~広島間に鉄道開通。
40(1907)4月15日呉工廠において最初の戦艦「安芸」進水
(明39.3.15起工、明44.3.10竣工)。
42(1909)10月31日呉電気鉄道(株)経営による県内初の市街電車、西本通3丁目~本通9丁目間開通。
大正7(1918)4月1日呉軍港水道より余水の分与を受け、呉市水道給水開始。
8月13日呉市で米騒動発生(参加者 数万人)。軍隊が出動し鎮圧(~8.15)

11月­­ -  

呉海軍工廠職工教習所開設。(昭15.4.5工員養成所と改称)
8(1919)11月9日呉工廠において戦艦「長門」進水(大6.8.28起工、大9.11.25竣工)
10(1921)1月15日呉海軍工廠広支廠開庁、航空機部・造機部・機関研究部・会計部を設置。
11(1922)10月20日ワシントン軍縮の第1次職工整理により、3,989人退廠。
12(1923)4月1日呉海軍工廠広支廠分離独立し、広海軍工廠となり、総務部・医務部設置。
14(1925)3月1日県内2番目の市立図書館として呉市立図書館仮閲覧事務開始。
昭和2(1927)4月10日芸南電気軌道(株)経営による市街電車、本通9丁目~呉越間運転開始。
3(1928)1月21日普通選挙法に基づく、初の市議会議員選挙実施。
4月1日呉市に阿賀・警固屋・吉浦の3町合併。
12月27日松本清作詞、藤井清水作曲の「呉市歌」を正式に市歌として告示。
6(1931)4月1日安芸郡焼山村と本庄村のうち苗代・栃原・押込が合併し昭和村誕生。
4月18日ロンドン軍縮に伴う職工整理による呉工廠3,723人(全従業員の約2 割)、広工廠191人(全従業員の約1割)の退廠式。
5月30日佐世保海軍航空隊広分遣隊を廃止し、呉海軍航空隊設置。
7(1932)10月30日全日本排球選手権大会において呉工廠水雷部バレーボールチーム優勝。以後、呉工廠代表チームは同大会において優勝3回、準優勝6回。明治神宮秋期大会においても、優勝3回、準優勝4回。
10(1935)3月27日国防と産業大博覧会開催(~5.10)
11月24日広~三津内海間完成し三呉線全線開通。
11(1936)7月 -  川原石などの呉線沿いに目隠し板塀設置。
13(1938)3月25日支那事変大博覧会開催(~4.30)
10月15日国道32号線(呉~広島間道路、現・国道31号線)通行開始。
15(1940)8月8日呉工廠において戦艦「大和」進水式(昭12.11.4起工、昭16.12.16竣工)
16(1941)4月21日呉市に仁方町・広村合併。
20(1945)3月19日呉軍港を中心に、米軍艦載機約350機による空襲。
5月5日B29約120機、広地区海軍工作庁を中心に爆撃。
6月22日B29約180機、呉工廠を中心に爆撃。
7月1日B29約100機、夜半より翌2日早朝にかけて呉市を空襲、市街の大半を焼失。
7月24日米軍艦載機約870機、呉軍港内艦艇を中心に爆撃。
7月28日米軍艦載機約950機及びB29・B24約110機、主に呉軍港内艦艇を爆撃。
8月6日広島市の原爆投下に際し、呉市より多数の救護者派遣。
9月17日枕崎台風により死者1,154人、負傷者440人、流失家屋1,162戸、半壊家屋792戸発生。
10月6日アメリカ占領軍輸送船団約30隻広湾に入港。翌7日、本隊19,500人上陸。
21(1946)2月1日英連邦占領軍先遣隊と海軍部隊、呉に入港。以後、後続部隊が次々に上陸 し、総司令部(一時、江田島へ移転)と基地部隊を呉市内に置き中国・四国地方に展開。
10月4日呉復興都市計画街路、呉復興都市計画土地区画整理決定。
特別都市計画法に基づき、特別都市指定を受ける。
22(1947)4月5日新憲法による第1回市長選挙実施。
12月7日昭和天皇が中国地方巡幸の一環として呉市を訪問。
25(1950)4月7日参議院本会議で旧軍港市転換法可決。11日衆議院本会議でも可決。
6月4日旧軍港市転換法についての住民投票を実施。投票総数87,993票のうち賛成81,355票と圧倒的支持を得る。
6月28日旧軍港市転換法公布。
8月20日市営プールで日米豪交歓水上競技呉大会開催(古橋選手が500メー トル自由形で5分55秒8の世界新記録樹立)。
26(1951)9月21日第6回国民体育大会夏季大会開催(夏季大会9.21~24、秋季大会10.27~31)。
27(1952)5月6日海上保安大学校の入学式。(東京都江東区から移転)
11月1日当時世界最大のタンカー「ペトロ・クレ」(38,000重量トン)がNBC呉造船部で進水。
12月8日旧軍港市転換法により旧軍用水道を呉市に無償で譲渡。
28(1953)7月4日呉市記念日を10月1日と制定。
29(1954)7月1日海上自衛隊呉地方隊・呉地方総監部発足。
31(1956)10月1日安芸郡天応町・昭和村と賀茂郡郷原村を呉市に合併。
11月22日国連軍(英連邦朝鮮派遣軍)軍撤退式。以後、失業者が大幅に増加。
33(1958)12月6日最初の10万トン級タンカー「ユニバース・アポロ」(114,356重量 トン)がNBC呉造船部で進水。
34(1959)3月21日近畿大学呉工学部開学式。
36(1961)12月3日音戸大橋開通。
42(1967)4月1日入船山記念館開館。
7月9日42年災害発生。集中豪雨により、がけ崩れ・河川の決壊など約2,700 カ所、死者88人、負傷者467人。
12月17日呉市営電車廃止。
45(1970)8月20日アメリカ・ブレマトン市との姉妹都市縁組調印式。
10月1日呉線電化開通。
46(1971)4月20日当時世界一のトン数を誇るタンカー「日石丸」(372,698重量トン)がIHIで進水。
47(1972)10月14日当時の排水量の世界記録を塗り替えたタンカー「グロブティック・トーキョー」 (483,664重量トン)がIHIで進水。
48(1973)8月31日通産省中国工業技術試験所で瀬戸内海水理模型竣工式。
49(1974)12月20日当時世界最大級のタンカー「日精丸」(484,337重量トン)がIHIで進水。
50(1975)7月15日元日大総長の呉文炳氏に呉市名誉市民第1号授与。
57(1982)8月21日呉市立美術館開館。
59(1984)3月24日呉市・東広島市・竹原市・黒瀬町・安芸津町の3市2町が広島中央テクノ ポリス開発計画の地域指定を受ける。
7月21日都市景観形成モデル事業の一環として、蔵本通に水の広場がオープン。
以後、出会いの広場・集いの広場・芸術の広場・こもれび広場・花の広場が次々に完成。
10月1日日本脈管学会名誉会長の西丸和義氏と大阪大学細胞工学センター長の岡田善雄氏に呉市名誉市民を授与。
61(1986)4月8日呉女子短期大学開校し、第1回入学式。
9月7日呉市と周辺6町を舞台に、’86ワールドトライアスロン イン ひろしま開催。
平成元(1989)4月20日広島呉道路の天応~呉間開通。
9月10日天皇皇后両陛下が呉市へ行幸啓。
10月20日呉市文化ホールオープン。
2(1990)12月6日スペイン・マルベージャ市との姉妹都市縁組調印式。
3(1991)4月26日湾岸戦争で敷設されたペルシャ湾の機雷除去のため、海上自衛隊呉基地から母艦・掃海艇が出港。
4(1992)3月20日呉ポートピアランドがオープン。南スペインをイメージした本格的なテーマパーク。
9月17日国連平和維持活動(PKO)協力法に基づく国際平和協力隊が、カンボジアへ向け海上自衛隊呉基地を出港。
5(1993)4月20日グリーンヒル郷原がオープン。
6(1994)9月9日呉市と周辺12町が呉地方拠点都市地域に指定。
10月2日県内を中心に第12回アジア競技大会広島1994開幕。市内でも女子バレーボール、野球を開催。
7(1995)4月7日呉大学開校し、第1回入学式。(平21 広島文化学園大学に改称)
9月29日鳥取県名和町と友好都市提携。
8(1996)8月30日広島呉道路(クレアライン)全線開通。
9月8日ひろしま国体夏季大会開幕。(11日まで)呉市でヨット競技実施。
10月12日ひろしま国体秋季大会開幕。(16日まで)呉市でバレーボール、バスケットボール、アーチェリー、高校野球の各競技実施。
9(1997)3月10日呉市長期基本構想を策定。
3月24日すこやかセンターくれがオープン。
7月19日狩留賀海浜公園が全面オープン。
10(1998)4月1日呉豊栄高等学校が呉高等学校に校名変更し、総合学科に移行。
8月31日呉ポートピアランド閉園
12月25日旧呉鎮守府司令長官官舎(入船山記念館)が国の重要文化財に指定される。
11(1999)2月7日JR呉線川原石駅の移設、かるが浜駅と水尻駅(坂町)の新設。
5月13日本庄水源地堰堤水道施設が国の重要文化財に指定される。
6月29日集中豪雨による災害発生。死者8人、負傷者5人。
10月12日韓国・鎮海市との姉妹都市提携調印式。
12(2000)7月3日呉中央桟橋ターミナルがオープン。
7月20日呉ポートピアパークがオープン。
10月6日呉地域産業振興センターがオープン。
11月1日特例市(8月30日の政令で指定)になる。
11月3日国民文化祭ひろしま開幕。(12日まで) 呉市で「いけばな展」「合唱の祭典」「バレエ・モダンダンスフェスティバル」の3イベントを開催。
13(2001)3月24日芸予地震発生、震度5強、死者1人。
4月1日呉サポートコアがオープン。
5月3日中国・温州市との友好港提携調印式。
7月2日ファミリー・サポート・センターがオープン。
10月6日ねんりんピック広島開幕。(9日まで)呉市でソフトボール交流大会開催。
14(2002)3月21日一般国道185号休山新道開通。
3月23日JR呉線新広駅開業。
4月1日呉チャレンジ・コアがオープン。
10月1日呉市制施行100周年記念式典・記念祭開催。
15(2003)3月8日呉市総合体育館(オークアリーナ)がオープン。
3月30日ごみ処理施設「クリーンセンターくれ」落成。
4月1日呉市・下蒲刈町合併。
6月10日呉地域フィルムコミッション(FC)を設立。
16(2004)1月14日動物愛護センター「くれアニマルパーク」オープン。
2月28日三之瀬御本陣芸術文化館オープン。
4月1日呉市・川尻町合併。
10月1日家庭ごみ指定袋等制度スタート。
11月11日企業立地推進本部設置。
17(2005)3月20日呉市・音戸町・倉橋町・蒲刈町・安浦町・豊浜町・豊町と合併し新生「呉市」誕生。
4月1日呉市総合スポーツセンター利用開始。
4月23日呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)がオープン。
7月22日「旧澤原家住宅」が国の重要文化財に指定。
10月21日すこやか子育て支援センターが移転オープン。
11月12日くれ観光情報プラザオープン。
18(2006)1月11日広島大学と包括的連携協定を締結。
4月1日新しい斎場が供用開始。
4月1日地域包括支援センターが開設。
8月25日広島県水道送水施設で事故,市内各所で断水(8.26~9.2)
10月11日中国・温州市との友好交流に関する議定書に調印。
19(2007)3月25日広市民センター落成式。
4月5日海上自衛隊呉史料館(てつのくじら館)オープン。
4月26日県内初の公立小中一貫教育校「呉中央学園」開校記念式典。
9月5日「財政集中改革宣言」を発表。
20(2008)1月19日音戸市民センター落成式。
4月1日防災行政無線の運用開始。
6月25日「桂の滝」(蒲刈町)が環境省「平成の名水百選」に選ばれる。
11月18日豊島大橋(アビ大橋)開通。
21(2009)1月13日雇用対策本部設置。
7月 -7月長雨、月間降水量594mmを記録し被害広がる。
9月17日阿賀マリノポリスの企業立地スタート。
22(2010)3月13日れんがどおりアーケードリニューアル。
3月21日第1回とびしまマラソン大会開催。
11月15日新しくなった安浦市民センターオープン。
23(2011)2月21日天応第2期埋立て地への進出企業(ユーシン)決定。
3月11日東日本大震災発生。翌日に第1次援助隊を派遣、3月14日には災害復旧支援本部を設置し支援を開始。
3月26日阿賀マリノ大橋開通。
3月27日藤脇バイパス・釣士田バイパス開通。
10月29日虹村大橋開通。
10月30日総合スポーツセンター陸上競技場リニューアル。
24(2014)3月12日倉橋支所、桂浜ふれあいセンターへ移転。
4月1日

東広島・呉自動車道路【阿賀IC~黒瀬IC】開通。

広電バス呉市域運行開始。

11月4日新しくなった天応市民センター落成式。
25(2013)3月27日警固屋音戸バイパス供用開始。(2011.4.24第2音戸大橋架設)
10月25日市役所新庁舎建設開始。
26(2014)7月13日新しくなった豊市民センターオープン記念式典開催。
27(2015)3月15日東広島・呉自動車道路全線開通。
4月3日呉の新グルメ「呉海自カレー」誕生。
28(2016)2月8日市役所新庁舎オープン。
4月1日全国で46番目の中核市に移行。
3月25日れんがどおり路面改修。
4月25日旧軍港4市が共同申請したストーリーが日本遺産の認定を受ける。
29(2017)3月19日呉市立呉高等学校 甲子園初出場、呉市勢として54年ぶりの白星。
4月28日台湾・基隆(キールン)市と姉妹都市提携。
30(2018)5月24日日本遺産「北前船寄港地・船主集落」の構成自体として追加認定を受ける。
7月6日西日本豪雨災害 呉市は死者25名、負傷者22名、家屋全壊297棟など大きな被害を受けた。また、断水、JR呉線や多くの道路が不通となり、被災後の市民生活も大きな影響を受けた。