ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 呉市議会 > 平成28年9月定例会一般質問項目

平成28年9月定例会一般質問項目

平成28年9月定例会一般質問(代表質問)項目

 9月5日(月曜日)は林議員,片岡議員が,9月6日(火曜日)は渡辺議員,阪井議員,小田議員が質問する予定です。

林 敏夫 議員(市民フォーラム)

1 魅力ある住生活環境の確保に向けて               
 (1)呉市における住宅政策の変遷と課題               
 (2)空き家の有効活用に向けた取組状況               
 (3)コンパクトシティづくりへの展開               

2 ふるさと納税について
 (1)呉市におけるふるさと納税の現状と課題               
 (2)企業版ふるさと納税の動向               
 (3)呉市の活性化につなげるための方策

 3 防災力の強化に向けて               
 (1)6.22集中豪雨災害への対応状況と課題               
 (2)地域ぐるみの防災体制の強化               
 (3)安心できる避難所の維持確保                 

片岡 慶行 議員(仁友会)

1 台湾インバウンドの推進について               
 (1)台湾に対する印象               
 (2)台湾インバウンドにかかる課題               
 (3)今後の推進方針

2 呉市創生を進める産業振興について               
 (1)企業立地の推進               
 (2)中小企業のニーズとその対応               
 (3)中小企業への支援体制の強化             

3 文化芸術の振興について 
 (1)成熟社会における芸術文化振興の意義             
 (2)質の高い文化に触れる機会の拡充
 (3)市民文化活動の振興

渡辺 一照  議員(同志会)

1 都市構造の変革に伴う市民生活への影響について
 (1)市民生活の変化に対する行政の対応  
 (2)核家族化、共働き家庭の増加による子育ての変化                 
 (3)高齢者同士によるシルバータウン、高齢者による現役世代のサポート                 
 (4)空き家等の対策
 (5)今までつくった借金の将来世代への説明

2 子供の貧困について
 (1)生活面への対応
 (2)学習面への対応                 

阪井 昌行 議員(公明党呉市議会議員団)

1 「健康長寿ブランド」づくりについて               
 (1)これまでの健康づくり施策の総括               
 (2)若年層の健康づくりへの投資促進
  ア 官民連携による市民参加型健康増進プログラムの開発・実践
  イ 企業による生活習慣病予防対策の推進               
 (3)ヘルスケア産業の創出  

2 ロコモティブシンドロームについて
 (1)出前トークメニューへ追加検討               
 (2)ロコモティブシンドロームに対する理解・啓発活動推進と今後の展開               
 (3)公園にロコモチェック掲示板の設置
 (4)教育課程におけるロコモ予防対策
  ア 学校のロコモティブシンドロームに対する認識
  イ 「くれ・チャレンジマッチ・スタジアム」への取り組み
  ウ 学校における予防策

3 2025年問題について               
 (1)2025年問題と現状からの予測 
 (2)超高齢社会と介護職員の確保               
 (3)多死時代の到来と在宅医療の重要性

 4 高齢者肺炎球菌ワクチンについて               
 (1)肺炎球菌ワクチンの必要性と周知の取り組み及び接種状況               
 (2)肺炎球菌ワクチン接種率向上のための周知               

小田 晃士朗 議員(誠志会)

1 つながりの深い都市づくりについて
 (1)市民協働のまちづくりの推進               
  ア 総合計画における位置づけ
  イ 人材の確保・育成               
  ウ 持続的な活動を行うための方策
  エ 徹底した情報発信           
 (2)都市間連携の推進  
  ア 旧軍港4市が目指すもの
  イ 連携中枢都市圏が目指すもの

平成28年9月定例会一般質問(個人質問)項目

9月8日(木曜日)は土井議員,沖田議員,山上議員,久保議員,奥田議員,谷本議員,岡崎議員が質問する予定です。

土井 正純 議員(誠志会)

1 都市インフラとしての公共交通について
 (1)交通局の民間移譲5年を振り返って
 (2)パートナーである広島電鉄との関係
  ア バス車両購入費補助金とバス事業経営支援補助金の考え方
  イ 運行上必要な動産・不動産の貸付方法の考え方
  ウ 空港線の考え方
  エ 市役所職員の公共交通利用率と広島電鉄への思い
 (3)次の5年間に向けて
  ア モビリティ・マネジメントの推進
  イ 路線短絡化のための交通結節点整備と乗継割引制度の導入
  ウ 受益者負担の適正化

沖田 範彦 議員(日本のこころを大切にする党)

1 二河プール解体について
 (1)プールの歴史
 (2)使用されている石材等の活用策

2 貧困家庭対策について
 (1)呉市の現状
 (2)国の施策
 (3)県の施策
 (4)呉市の目指す方向性と施策

3 100年後を見据えた呉市について
 (1)人口の動向
 (2)都市基盤の整備に対する基本姿勢
 (3)がけ地対策の考え方

4 UIJターンの取り組みについて
 (1)向こう4年間の数値目標
 (2)希望者が安心感を抱くような施策についての考え方
 (3)一次産業の課題に取り組む希望者に限定する募集方法
 (4)準公務員として採用してはどうか

5 食品ロスの活用方法について
 (1)イノシシのえづけ用への転用

6 次期呉市長選挙に対する市長の思い

山上 文恵 議員(社民党呉市議団)

1 島根原発において事故が起こった場合の呉市の対応について
 (1)島根県と広島県の間で協定が交わされた経緯
 (2)協定の内容
 (3)協定に係る呉市の対応状況
 (4)スクリーニング(除染)の実施主体
 (5)避難所や避難者への対応 
 (6)避難所が開設された場合の地元への情報提供

久保 東 議員(日本共産党呉市議会議員団)

1 神奈川県における障害者殺傷事件に対する呉市の対応について
 (1)施設利用者の安全確保に向けた防犯対策の把握と指導の現状
 (2)事件を受けての見解と市民へのメッセージ
 (3)共生社会に向けての啓発活動の成果と課題
 (4)措置入院、退院後の支援体制の現状と課題
 (5)福祉人材確保に向けた独自の奨学金制度創設への見解

奥田 和夫 議員(日本共産党呉市議会議員団)

1 日新製鋼子会社化による呉市への影響について
 (1)その後の情報をどこまで入手したのか
 (2)子会社化の真相は確認したのか
 (3)釜石市の教訓をどう学ぶのか
  ア 新日鉄住金の生産配置戦略をどのように捉えているのか
  イ 市長は生産体制の堅持を要請したのか
  ウ 近隣市長との連携

2 あがプラザについて
 (1)計画から今日までの経緯
 (2)今後の活用方針

谷本 誠一 議員(自然共生党)

1 地方卸売市場の活性化策について
 (1)地方卸売市場への転換による取扱高の変化
 (2)指定管理導入による効果の分析
  ア 人員体制と人件費の比較
  イ 市場使用料減額による場内事業者への影響
  ウ 一般会計繰り入れの抑制効果
 (3)利用料金制導入の可否
 (4)店舗棟等の活用策
  ア 空き店舗入居への公募
  イ 会議室の活用策
 (5)市場ホームページによる広報
 (6)積極的な市場一般開放

2 災害対応における地域連携強化について
 (1)避難所開設方法の問題点
  ア 近場の避難所を当初から開設しなかった理由
  イ 要請があった地域のみに開設することの不公平
 (2)自主防災組織への防災リーダー育成
  ア 防災リーダー活用の無策
  イ 自主防災組織リーダーの新設
 (3)避難所開設における自主防災組織との連携
 (4)防災行政無線難聴地域の現状
 (5)防災行政無線と自治会放送設備の接続
 (6)防災行政無線の全デジタル化に伴うデメリット
 (7)周波数割り当て増に向けた国への要望 

岡崎 源太朗 議員(じみんの会) 

1 ポートピアパークへの道の駅設置について
 (1)他自治体の道の駅取り組み状況
 (2)交通量と観光客・通勤者の流れの現状
 (3)ポートピアパークの現状
 (4)道の駅設置における課題
 (5)道の駅の機能
  ア 情報発信機能
  イ 災害避難場所・支援物資中継所
  ウ 障害者作品展示販売
  エ お土産販売所機能
  オ 農海産物販売所機能
  カ 休憩機能
 (6)期待される効果
  ア 呉市における経済効果
  イ イベント実施による相乗効果
 (7)活用可能な交付金・補助金
  ア 国土交通省関連
  イ 環境省関連
  ウ 農林水産省関連
  エ 経済産業省関連
  オ 防衛省関連
 (8)ポートピアパークへ道の駅設置の考えはないか