ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

呉鎮守府は、今年で開庁130周年

平成31年は、呉鎮守府が明治22年に開庁してから130年の節目の年。
当時の海軍が築いた基盤を元に、呉は発展してきました。

鎮守府とは

海上自衛隊呉地方総監部庁舎 旧呉鎮守府庁舎の夕景日本の近代化を推し進めるため、呉・横須賀・舞鶴・佐世保の4つの軍港に置かれた海軍の本拠地のこと。
各海軍区を防備し、海軍工廠こうしょう(艦艇の建造・修理、兵器の製造)や海軍病院、軍港水道等、多くの施設の運営・監督を行いました。
また、艦艇部隊の統率には鎮守府司令長官があたりました。

詳細は、日本遺産~日本近代化の躍動を体感できるまち~のサイト<外部リンク>から確認ください。

 

イベントを企画する

イベントに参加する(準備中)

  • 2019年7月より、順次関連イベントを開催予定です。