ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 都市計画・開発・道路・交通 > 都市計画・まちづくり > 【呉駅周辺地域総合開発】スマートシティモデル事業の重点事業化促進プロジェクトに選定

【呉駅周辺地域総合開発】スマートシティモデル事業の重点事業化促進プロジェクトに選定


呉駅周辺地域総合開発の実現に向け、国(国土交通省)に提案していた、スマートシティモデル事業が「重点事業化促進プロジェクト」に選定されました。
これにより国土交通省から、専門家の派遣や計画策定支援等の重点的な支援を受けることが可能となりました。
今後は、呉駅周辺地域総合開発の一環として、次世代モビリティ(BRT・自動運転等)やMaaSなどの新しい技術を取り入れた次世代型の総合交通拠点として再整備するなど、スマートシティの実現を目指していきます。
 

提案内容

コンソーシアム名(事業体の名前)

  • KUREスマートシティコンソーシアム
    構成団体:呉市、広島大学、呉工業高等専門学校

スマートシティモデル事業とは

  • 新技術や官民データを活用しつつ都市・地域課題の解決を目指すもの

都市・地域の課題解決への取り組み

  • 西日本豪雨災害などを受け、地域における公共交通基盤の維持と防災機能の強化などを進める
  • 災害時などには電源供給が可能となる燃料電池バスの活用などにより、新たなモビリティの導入など呉駅の総合交通拠点としての機能強化などを図る

参考

イメージパース画像

呉駅前パース1呉駅前パース2呉駅前パース3呉駅前パース4呉駅前パース5

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)