ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 選挙管理委員会事務局 > 期日前投票・不在者投票について

期日前投票・不在者投票について


期日前投票

次のような事情で、選挙期日(投票日)に投票できない方(見込みでも可)は、期日前投票ができます。

  1. 仕事・家事・学業・地域行事・冠婚葬祭などに従事
  2. レジャー・用事などで投票区の区域外に外出・旅行・滞在
  3. 病気,負傷,出産などのため歩行が困難であること
  4. 天災又は悪天候により投票所に到達することが困難であること
  5. 住所移転のため,呉市以外に居住(ただし、次の表に該当する場合のみ)   
選挙の種類広島県内の市外に転出広島県外に転出
衆議院議員選挙
参議院議員選挙
広島県知事選挙
広島県議会議員選挙
×
呉市長選挙
呉市議会議員選挙
××

・ 期日前投票をするときには、上記のいずれかの理由に該当する旨の宣誓書が必要です。宣誓書は各期日前投票所に置いておりますので、必要事項を記入の上、受付に提出してください。

・ 投票日には選挙権があっても、期日前投票をしようとする日には選挙権がない人は期日前投票ができません(たとえば、投票日当日には選挙権年齢である18歳に到達するが、期日前投票をしようとする日には17歳の人)。このときは不在者投票による投票となります。

 不在者投票

次のような場合は、不在者投票ができます。

  1. 呉市の選挙人名簿に登録されている人が、出張等で他の市町村に滞在しており、投票日の前に滞在地の選挙管理委員会で投票するとき
  2. 選挙期日までに18歳になるが、期日前投票の時点では17歳のとき。
  3. 病院・老人ホーム等の指定施設に入院または入所しており、その施設等で投票するとき
  4. 郵便等投票証明書の交付を受けた人で、郵便等による不在者投票をするとき

※不在者投票をする際には、宣誓書兼投票用紙請求書を事前に提出していただく必要があります。