ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広報・情報公開 > 情報公開 > 呉市の個人情報保護制度

呉市の個人情報保護制度


公正・透明で開かれた市政の推進について

呉市の情報公開制度及び個人情報保護制度

呉市の個人情報保護制度

個人情報とは?

 個人情報とは,個人の名前,生年月日,住所,性別,収入などの記述により,特定の個人が識別されるものをいいます。
 また,その記述自体で識別されなくても,他の情報と組み合わせることにより特定の個人が識別されるおそれのある情報についても,個人情報としてとらえます。

個人情報保護制度の目的は?

 個人情報保護制度は,市民のみなさまの個人情報を守るために適正な取扱いのルールを定めるとともに,自分の情報の開示などを請求する権利を保障しています。これにより,個人の権利や利益の侵害を防ぎ,基本的人権を守っていこうというものです。

市,市民,事業者の役割は?

 個人情報を守るためには,市と市民,事業者がこの制度の重要性をしっかりと認識することが大切です。市は個人情報の保護のために必要な措置をとる責務を有し,市民は日常生活において相互に基本的人権を尊重するとともに個人情報の保護に努め,事業者は事業の実施に伴う個人情報の取扱いを適正に行うよう努めるとともに個人情報の保護に関する市の施策に協力しなければなりません。

個人情報はどうやって守るの?

 市が取り扱う個人情報は,「適正な取扱い」と「自己情報をコントロールする権利」の二つの柱で守ります。

1 個人情報の「適正な取扱い」

(1) 収集の制限

 市が個人情報を収集するときは,その取扱事務の目的を明確にし,必要な範囲内で,原則として本人から収集します。また,思想・信条・宗教や社会的差別の原因となるおそれのある個人情報は,原則として収集しません。

(2) 適正な管理

 市は,個人情報を最新の状態で正確に保有するとともに適正に管理し,不要になった場合は即刻消去します。

(3) 利用・提供の制限

 収集した個人情報を目的の範囲を超えて内部で利用したり,外部に提供することは,原則として行いません。

2 開示請求などの「自己情報をコントロールする権利」

(1) 開示請求

  • 市の公文書に記録されている自分の情報は,だれでもその開示を請求することができます。ただし,次のような情報は,開示しない場合があります。
  • 法令などの規定により開示できない情報
  • 個人の評価,診断などに関する情報で,開示することにより事務事業の目的の達成が著しく困難になると認められるもの  ・ 第三者の正当な権利・利益を損なうおそれのある情報など

(2) 訂正請求  

 開示を受けた自分の情報が事実と違う場合は,その訂正を請求することができます。

(3) 消去請求

 収集の制限に違反して収集された自分の情報については,消去の請求をすることができます。

(4) 利用・提供の停止請求

 利用や提供の制限に違反して自分の情報が取り扱われているときは,その取扱いの中止を請求することができます。
※  これらの請求ができるのは,原則として,その個人情報にかかわるご本人ですが,未成年者や成年被後見人の法定代理人は,本人に 代わって請求することができます。
 なお,委任状を持ってこられる場合など任意の代理人では,個人情報の開示請求等はできません。詳しくはお問い合わせください。

個人情報の開示請求から開示までの流れ

 

個人情報開示請求フローチャート

自己情報開示請求書のダウンロードはこちら

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)