ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 企画課 > 広島広域都市圏について

広島広域都市圏について


広島広域都市圏について

 広島広域都市圏は,広島市の都心部からおおむね60kmの圏内にある,東は三原市エリアから西は山口県柳井市エリアまでの24市町で構成されています。
 広島広域都市圏では,平成5年,13市町により「広島広域都市圏形成懇談会」を設立以降,圏域というエリア設定を活かしてその一体的発展に向けた交流・連携を推進してきました。
 平成24年には4町が加わり,「懇談会」を「広島広域都市圏協議会」に改称するとともに,圏域内のまちの活性化と産業・経済の活力増進を図ることを目的として「まち起こし協議会」を設置し,「神楽」や「食と酒」といった地域資源を積極的に活用した取組を進めています。
 さらに,平成27年,7町が加わって,現在に至っています。

<圏域を構成する市町 11市13町>

【広島県】広島市,呉市,竹原市,三原市,大竹市,東広島市,廿日市市,安芸高田市,江田島市,
      府中町,海田町,熊野町,坂町,安芸太田町,北広島町,大崎上島町,世羅町

【山口県】岩国市,柳井市,周防大島町,和木町,上関町,田布施町,平生町

 

関連ページ

 広島広域都市圏についての詳細は,広島市ホームページ<外部リンク>または広島広域都市圏ホームページ<外部リンク>をご参照ください。