ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 税金 > 納税方法 > スマートフォン決済アプリ『PayB(ペイビー)』で納付できます

スマートフォン決済アプリ『PayB(ペイビー)』で納付できます


スマートフォン決済アプリ『Payb』のロゴマーク   ※PayBはビリングシステム株式会社が提供するサービスです。

《PayBでの納付とは》

 納付書に印字されているバーコードをスマートフォンのカメラ機能で読み取ることで、事前に登録した金融機関の口座から、いつでもどこでも、市税や保険料、上下水道料金などを、即時に口座振替で納付することができるサービスを開始します。

  ・事前に、スマートフォンに専用アプリをダウンロードする必要があります。

  ・手数料やアプリの利用料は無料ですが、パケット通信料が必要です。

 利用開始日

  ・令和2年4月1日(水曜日)

 納められる市税など

  ・市県民税(普通徴収,特別徴収)、軽自動車税(種別割)、固定資産税・都市計画税、法人市民税

  ・国民健康保険料、後期高齢者医療保険料、介護保険料

  ・保育所保育料

  ・市営住宅使用料

  ・上下水道料金

 納められる納付書

  ・コンビニエンスストアで使用できるバーコード印字のある納付書(1枚あたりの金額および1日の合計金額は最大30万円まで)

 アプリに登録できる金融機関

  ・指定金融機関      広島銀行

  ・収納代理金融機関   三井住友銀行、山口銀行、伊予銀行、もみじ銀行、ゆうちょ銀行

  ・その他金融機関     みずほ銀行、三菱Ufj銀行 ほか

   ※金融機関により、利用可能時間が異なります。

   ※取扱金融機関及び支払い可能時間帯などは、Paybのホームページ(https://payb.jp<外部リンク>)で確認してください。

 PayBのメリット

  ・金融機関やコンビニエンスストアの窓口への来店は不要です。

  ・自宅でも外出先でも時間を気にせず「いつでも」「どこでも」支払いできます。

 

 利用方法

 ・アプリのダウンロードは下記のQRコードから(無料)

    Ios(Iphoneなど)端末 スマートフォン決済アプリ『Payb』のIos(Iphone)用のQRコード

    

    Android端末        スマートフォン決済アプリ『Payb』のAndroid用のQRコード

 

 ・事前登録、支払い完了までの流れ

スマートフォンにアプリをダウンロードし、氏名、生年月日、口座情報などを事前登録し、納付書のバーコードをスキャンする。

  

 ・スマートフォンで読み取るバーコード(サンプル画像)

スマートフォンで読み取ることができるバーコード付きの納付書のサンプル画像

 

 利用する際の注意事項

 ・この納付方法では、領収証書や軽自動車税(種別割)の継続検査用の納税証明書が発行されません。

 ・領収証書などが必要な場合は、このアプリを利用せず、市役所や金融機関、コンビニエンスストアの窓口で納付してください。

 ・決済後の取り消しや変更はできません。

 ・誤納付を防止するため、決済後は手元の納付書を必ず破棄してください。

 ・登録する金融機関に対応したアプリをダウンロードしてください。