ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

旧柴屋住宅


旧柴屋住宅 旧柴屋住宅は,大長村庄屋役及び御手洗町年寄役を代々勤めた高橋家(屋号柴屋)の別宅の一部です。
 建築年次は,文化3年(1806年)に伊能忠敬が大崎島の測量をした時に宿舎にしたと伝わるのでそれ以前と見られますが,それ以前に大きく遡るものではありません。
 別宅は,2つに別れていて,本住宅が向座敷となっており,常盤通りを挟んで向かいが母屋でした。
「伊能忠敬御手洗測量之図」の右側にこの向座敷が描かれており,土塀で囲まれた広々とした庭には,あずま屋や池が配され,豪著な造りとなっていました。
 広島藩主が遊覧のため来島した際にここで休憩しており,本陣として利用されていました。


大きな地図で見る<外部リンク>
  • 所在地 呉市豊町御手洗
     
  • 料金 無料
     
  • 休館日 火曜日
     
  • 問い合せ先 豊町観光協会 Tel 0823-67-2278
     
  • アクセス
    バス/
    JR呉駅前または広駅前バス停から「とびしまライナー(豊・豊浜方面行き)」乗車、「御手洗港(みたらいこう)」バス停下車

    ※広島バスセンター発とびしまライナーの時刻・運賃は、こちら(広島バスセンターホームページ)<外部リンク>をご覧ください。
    ※中国労災病院発とびしまライナーの時刻・運賃は、こちら(瀬戸内産交/PDF)をご覧ください。 

    車 /
    広島呉道路(クレアライン)呉ICから約1時間30分

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)