ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

若胡子屋跡


若胡子屋跡 県史跡の若胡子屋は、周防上関から御手洗へ遊女商売の出稼ぎを行っていて、享保9年(1724年)には茶屋営業許可を広島藩より受け店を構えました。若胡子屋跡は、この時期に建てられたものと考えられ、御手洗で最大規模の町家でした。主屋の座敷の天井には屋久杉を使用するなど贅を尽くしています。明治17年(1884年)、隆法寺に転用され、その際に2階部分が取り払われましたが仏壇部分の小屋組に一部再利用され現存しています。
※内部がご覧いただけるようになりました!


拡大地図を表示<外部リンク>

所在地

呉市豊町御手洗

料金

無料

休館日

無休

問い合せ先

豊町観光協会 Tel:0823-67-2278

アクセス

バス

JR呉駅前または広駅前バス停から「とびしまライナー(豊・豊浜方面行き)」乗車、「御手洗港(みたらいこう)」バス停下車
広島バスセンター発とびしまライナーの時刻・運賃は、こちら(広島バスセンターホームページ)<外部リンク>をご覧ください。
中国労災病院発とびしまライナーの時刻・運賃は、こちら(瀬戸内産交/PDF)をご覧ください。

広島呉道路(クレアライン)呉ICから約1時間30分

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)