ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

白雪楼


白雪楼 白雪楼は江戸時代の末、沼隈の豪農山路機谷が、邸内に移築、祖父重好が京都黒谷で営んだ奇好亭を楼造り(二階建)に改め、漢学研鑚の場にしたもので、多くの漢学者がこの建物を訪れています。
 その後、白雪楼に思い入れの深かった頼家9代俊直が明治25年、竹原に移し、留春居(りゅうしゅんきょ)としたものを、竹原頼本家(春風館)から無償で下蒲刈町に寄贈されました。抹茶を飲む和室には、壁が回転する珍しい「どんでん返し」があります。

白雪楼


拡大地図を表示<外部リンク>

所在地

呉市下蒲刈町三之瀬197

入館料

  • 一般 400円(320円)
  • 高校生 240円(190円)
  • 小・中学生 160円(120円)

※( )内は20人以上の団体料金
※呉市に在住し、または呉市内の学校に通学する高校生及び小・中学生並びに小学校未就学児は無料
※下蒲刈町の施設のチケットがセットになった、「セット券」をお求めになるとお得です。

開館時間

9時00分~17時00分(入館は16時30分まで)

休館日

毎週火曜日(祝日の場合は翌日)

駐車場

100台(無料)

問い合せ先

白雪楼 Tel:0823-65-3066
http://www.shimokamagari.jp/<外部リンク>

アクセス

バス

JR広駅前バス停から中国労災病院発「とびしまライナー(豊・豊浜・蒲刈方面行)」乗車、「三之瀬(さんのせ)」バス停下車、徒歩約3分
※中国労災病院発とびしまライナーの時刻・運賃はこちら(瀬戸内産交/PDF)をご覧ください。

広島呉道路(クレアライン)呉ICから約40分

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)