ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 学校安全課 > インフルエンザによる出席停止手続きの変更(罹患証明書)について

インフルエンザによる出席停止手続きの変更(罹患証明書)について


インフルエンザ罹患りかん証明について

 従来,呉市立小・中・高等学校では,インフルエンザに罹患し,出席停止となった児童生徒が登校を再開する際には,原則,治癒証明書を学校に提出することとしておりましたが,この度,治癒証明書の取得のために,医療機関を再度受診することによる他の感染症に罹患するリスク及び保護者の負担を軽減するため,令和3年1月1日から罹患証明書に変更することとしました。

 医師からインフルエンザと診断された場合は,発症日から5日かつ解熱後2日が経過するまで出席停止となりますので,必ず,その旨を学校に御連絡いただくとともに,医師及び学校からの指示に従ってください。

 発症日から5日経過し,かつ,解熱剤を使わずに平熱(37.4 度以下)となった日を解熱0日目とし,解熱剤を使わずに平熱(37.4 度以下)で過ごせる日を2日間経過した後,「インフルエンザ罹患証明書」を持って登校してください。 ただし,状態が回復しない場合や医師の指示があった場合は,再度かかりつけ医を受診してください。

 「インフルエンザ罹患証明書」の用紙につきましては,以下のファイルをダウンロードいただくか,学校へお申し出ください。

 なお,インフルエンザ及び新型コロナウイルス以外の感染症に罹患した場合につきましては,従前のとおり治癒証明書での対応となります。
 (新型コロナウイルス感染症にあっては,保健所から自宅等に待機するよう指示された期間は出席停止となりますので,保健所に待機期間を確認のうえ,学校に連絡してください。待機期間の経過後,出席停止が解除されます。)


インフルエンザ罹患証明書 [PDFファイル/166KB]

インフルエンザ罹患証明書 記入例 [PDFファイル/179KB]

インフルエンザの出席停止期間について [PDFファイル/224KB]

インフルエンザの発症から再登校(園)までの流れ [PDFファイル/152KB]

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)