ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

療育手帳


療育手帳とは

知的障害のある人が様々な援助を受けやすくなるために交付されるもので、広島県は障害の程度により重い順に○A ・ A ・ ○B ・ Bに区分しています。
手帳の交付申請に年齢の制限はありません。発達期(おおむね18歳まで)に知的障害とみなされる状況や診断があったことを証明できる場合は、18歳を超えても手帳交付の対象となることがあります。

申請までの流れ

療育手帳を持つためには、専門機関で判定を受ける必要があります。

令和3年9月までの判定予約(新規申請)

広島県西部こども家庭センターの予約を取った段階、もしくは判定を受けた後に、必要書類を窓口(呉市役所障害福祉課または下蒲刈、蒲刈、川尻、音戸、倉橋、安浦、豊浜、豊市民センター)に提出ください。

判定機関

〒734-0003 広島市南区宇品東4丁目1番26号
広島県西部こども家庭センター 判定指導課  電話(082)254-0381

 

令和3年9月までの判定予約(更新申請)

広島県西部こども家庭センターの予約を取り窓口で手続きしていただくか、呉市内で月に2回開催している更新判定会の予約をしてください。(予約先:呉市障害福祉課 電話0823-25-3135

 

令和3年10月からの判定予約(新規・更新申請)

新規・更新すべての判定予約は下記予約ダイヤルへ電話してください。
※令和3年8月2日から予約受付中。

電話:082-400-9010(広島県福祉事業団)

療育手帳交付申請書 [PDFファイル/119KB]は、写真を貼って、判定予約後判定日までに窓口(呉市役所障害福祉課または下蒲刈、蒲刈、川尻、音戸、倉橋、安浦、豊浜、豊市民センター)へ提出してください。
 

手続きで必要なもの

 
 現在お持ちの
療育手帳

写真
1枚

身体障害者手帳
(お持ちの人のみ)

診断書
(判定時に指示があった人のみ)
申請書
新規申請 療育手帳交付申請書
住所(市内転居)・氏名・保護者が変わったとき   療育手帳記載事項変更届
更新申請 療育手帳交付申請書
手帳を紛失または破損したとき
(破損の場合)
  療育手帳交付申請書
県外または広島市から転入したとき 療育手帳交付申請書・申出書
死亡したとき・障害程度が非該当になったとき   療育手帳返還届
市外へ転出したとき呉市への手続きは不要転出先で確認してください。

・写真は、縦4センチ×横3センチ(上半身正面脱帽)で、6カ月以内に撮影したものが必要です。
・診断書に所定の様式はありません。

様式ダウンロード

申請書

療育手帳交付申請書 [PDFファイル/119KB]
療育手帳記載事項変更届 [PDFファイル/93KB]
申出書 [PDFファイル/66KB]
療育手帳返還届 [PDFファイル/82KB]

申請書受付窓口

・障害福祉課
・下蒲刈、川尻、音戸、倉橋、蒲刈、安浦、豊浜、豊市民センター

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)