ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 市民窓口課 > 架空請求の相談が急増 ~心当たりのないハガキやメール・SMSに反応しないで!

架空請求の相談が急増 ~心当たりのないハガキやメール・SMSに反応しないで!


架空請求について

相談事例

 【事例1】 「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」のハガキが届き,相手から言われた支払番号で取り下げ料を支払った
 【事例2】 実在の事業者をかたる電話で未納料金を請求され,裁判所から訴状が届くと言われた。
 【事例3】 スマートフォンに「未納料金があり,連絡しないと裁判を起こす」とのSMS(ショートメッセージ)が届き,プリペイドカードによる支払いを要求された。
 【事例4】 実在の事業者をかたるSMSが届き,未納料金をいったん支払えば返金すると言われプリペイドカードで支払ってしまった。
 【事例5】 スマートフォンに未納料金を請求するSMSが届き,振り込みで支払うよう指示された。
  
  消費生活センターで入手した実際のハガキ【事例1】見本(マスキング済)
   架空請求ハガキ見本 [PDFファイル/75KB]

アドバイス

 ・未納料金を請求されても,決して相手に連絡しないようにしましょう。
 ・コンビニに行くように指示されても,決して応じないようにしましょう。
 ・不安に思ったり,トラブルにあった場合には,すぐに消費生活センターや警察(警察相談専用電話:#9110)へ相談してください。

問合先

 呉市消費生活センター 電話 0823-25-3218

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)