ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 消費生活・相談 > 相談 > 【新型コロナウィルス関連】便乗した悪質商法にご注意(第2弾)

【新型コロナウィルス関連】便乗した悪質商法にご注意(第2弾)


「助成金があるので個人情報を教えてほしい」 等のなりすまし詐欺に注意

市役所などの公的機関や携帯電話会社などになりすまして、新型コロナウイルスを口実に、「助成金があるので個人情報や口座番号を教えてほしい」など、
個人情報や口座情報を詐取しようとする相談が、全国の消費生活センター等に寄せられています。

 
事例1市職員を名乗り個人情報を聞き出す不審な電話
「○○市のコロナ対策室です。この度はコロナウイルス感染のことでご心配をおかけしています。
市では、このような皆さんに「助成金」をお配りしております。1人あたり3万円です。
キャッシュカードの番号または口座番号に振り込みますので、番号を教えてください。
事例2携帯電話会社名で、助成金を配布するとの不審なメール
「〇〇(携帯電話会社)の会員様へ」とあり、新型コロナウイルスで事態収束までの毎月「助成金の配布」を決定しました。」というメールが届いた。
URLを開くと振込口座情報を送信するようになっていた。
事例3コロナウイルスの検査が無料で受けられるとの不審な電話
自宅の電話に「コロナウイルスの検査が無料で受けられる」と言われた。マイナンバーカードが必要といわれ、持っていると伝えると、「これから自宅へ取りに行く」と言われた。
不審に思い役所へ確認すると言うと一方的に電話を切られた。
事例4信用金庫職員を名乗りコロナウイルスの関係で口座番号と暗証番号を聞かれた
信用金庫の職員を名乗る者から「コロナウイルスの関係で確認しないといおけない。口座番号の下3桁を教えてください」との電話がかかってきた。
下3桁を伝えると、次に「下4桁を教えてください」といわれ、教えると暗証番号を聞かれた。

  
 
《アドバイス》

  1. 市役所などの公的機関などになりすまして、電話やメール等で「個人情報や口座番号を教えてほしい」と言われたら詐欺の疑いがあります。
    怪しい電話はすぐに切り、メールは無視してください。

     
  2.  絶対に口座情報や暗証番号を教えたりキャッシュカードを渡さないでください。
     
  3.  市役所、金融機関、警察が暗証番号を尋ねたり、キャッシュカードを送るよう指示することは一切ありません。
     
  4. 留守番電話を活用し、知らない電話には出ないようにしましょう。


 

不安に感じたら、すぐに呉市消費生活センターへ

不審に思った場合や困ったときは、一人で悩まず呉市消費生活センターにご相談ください。(電話:0823-25-3218

なお、新型コロナウィルスを口実とした悪質な事例を、国民生活センターでは被害未然防止のため紹介しています。

詳細は、国民生活センターのHPをご確認ください。http://www.kokusen.go.jp/soudan_now/data/coronavirus.html<外部リンク>