ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 都市計画課 > 市街化調整区域での建築等に係る許可基準

市街化調整区域での建築等に係る許可基準


市街化調整区域での建築等に係る許可基準

 市街化調整区域で開発行為又は建築を行う場合は,都市計画法第34条許可基準のいずれかに該当する場合でなければ,許可することができません。
 開発行為を行う場合は,都市計画法第29条の,土地の区画形質の変更を伴わない建築物の建築を行う場合は,都市計画法第43条の規定による許可が必要です。
 市街化調整区域はmap<外部リンク>で確認できます。

都市計画法第34条許可基準及び運用基準

 都市計画法第34条の基準については,開発区域及び開発区域周辺の状況並びに市街化調整区域内に立地しなければならない合理的理由等により個別具体的に判断し,許可することになりますので,全てが許可になるとは限りません。

【一覧】都市計画法第34条許可基準

【全文】都市計画法第34条等に係る許可運用基準

 呉市開発審査会提案基準

呉市開発審査会提案基準集

 

開発許可を受けた土地における建築等の制限

 用途地域等が定められていない区域で,既に開発許可を受けた開発区域内においては,都市計画法第42条の許可を受けなければ,当該開発許可に係る予定建築物以外の建築物等を新築,改築又は用途を変更することができません。

都市計画法第42条第1項だだし書に係る許可運用基準

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)