ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 税金 > 市民税・県民税(住民税) > 【新型コロナウイルス関連】法人市民税の申告期限等の延長

【新型コロナウイルス関連】法人市民税の申告期限等の延長


 新型コロナウイルス感染症の影響によるやむを得ない理由で、法人が期限内に法人市民税の申告・納付を行えない場合は、申請により申告・納付期限の延長が認められます。

 法人市民税の申告書を作成・提出することが可能となった時点で、申告・納付及び期限延長の申請を行ってください。
 

申請の方法

 所管の税務署に提出された、「法人税の申告書」の写し(新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請の旨が記載されたもの)を添付の上、次の方法により申告してください。

電子申告(eLTAX)で申告書を提出する場合

 所在地の欄に、所在地と合わせて「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」と入力してください。

書面で申告書を提出する場合

 申告書の余白部分に「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」と記載してください。

 

 この場合の法人市民税の申告期限及び納付期限は、原則として申告書等の提出日となります。