ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 農林水産課 > 姫ひじきの塩づくり

姫ひじきの塩づくり


臨時休館のお知らせ

呉市は、新型コロナウイルス感染防止拡大の観点から、姫ひじき塩づくり体験(製塩体験施設)を5月6日(休日・水曜日)まで臨時休館します。早期に終息させるため、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

「下蒲刈 農林水産体験」の画像 「MAP番号2-8」の画像

「姫ひじきの塩づくり」の画像

体験のお申し込みをいただくと、スタッフが事前に姫ひじきの新芽を下蒲刈のきれいな海水に入れてじっくり煮詰めます。
そして、姫ひじきのミネラルが海水に溶け出したところで上澄み液を取り出し、体験用としてご用意します。この上澄み液の濃度は、海水の約10倍になっています。

その上澄み液を土鍋に入れて、炭火でじっくり濃縮させ、「姫ひじきの塩」を作る作業を体験していただきます。濃縮させる間、姫ひじきの独特な香りが立ち込めます。

コテージ梶ヶ浜の宿泊と塩づくり体験を組み合わせて、夕飯の料理やバーベキューに手づくりの塩を振りかけると……。きっと「美味しい魔法」がかかりますよ。

プログラム詳細

休み

1月1日から1月3日まで
12月29日から12月31日まで

実施場所姫ひじき塩の家
体験可能時間9時~16時
対象一般
料金

(1)令和2年3月31日までにご予約された場合の料金
 5名様までは3,500円
  6名以降は1名当たり500円
 (最大40名まで体験可能)

(2)令和2年4月1日以降にご予約された場合の料金
 5名様までは4,200円
 6名以降は1名当たり600円
 (最大40名まで体験可能)

所要時間

約40分

その他

要予約

作った塩は、お土産として、姫ひじきの塩の袋に入れて持ち帰りいただきます。

お問合せ・お申し込み先

申し込み先呉市役所 農林水産課
Tel(0823)25-3317
E-mail
申し込み方法お電話にてお申し込み
※原則として団体の場合:2週間前まで
        数人の場合:3日前まで

アクセス

住所呉市下蒲刈町梶ヶ浜地区(観松園内)
姫ひじき塩の家までの道順<外部リンク> を表示
アクセス

車:広島呉道路呉ICから約45分。東広島呉道路阿賀ICから約30分
どちらも国道185号から安芸灘大橋を渡って県道74号線より梶ヶ浜海水浴場近くの「貝と海藻の家」で受付。

バス:JR広駅から広駅前バス停(国道185号沿い)で瀬戸内産交(株)「沖友天満宮行き」「営農センター行き」に乗車し、「見戸代」で下車。町内バス乗換え 「梶ヶ浜海水浴場」で下車してすぐ。

駐車場約100台
トイレ

姫ひじきの塩づくりの様子の画像1
↑コテージ梶ヶ浜・キャンプ場近
 くの「姫ひじき塩の家」で体験で
 きます

姫ひじきの塩づくりの様子の画像2
↑さあ、みんなで体験開始です!

姫ひじきの塩づくり体験の様子3
↑姫ひじきのミネラルがたっぷり
 溶け込んだ海水をスタッフから
 受け取り、炭火で濃縮していき
 ます

姫ひじきの塩づくりの様子の画像4
↑焦げ付かないように竹べらで
  混ぜます

姫ひじきの塩づくり体験の様子5
↑塩の結晶がドーム状にふくら
  らんできました。びっくり!

姫ひじきの塩づくりの様子の画像6
↑水分が飛んだら大粒の塩の
 塊をヘラで土鍋に押しつけて
 小さくしていきます

姫ひじきの塩づくり体験の様子7
↑スタッフが塩をふるいにかけ
 ると、雪のような細かい塩が
 ふわっと下に落ちていきます  

姫ひじき塩の家製塩体験場写真8
↑じょうごで塩を袋に入れます

姫ひじきの塩づくりの様子の画像9
↑完成!

姫ひじきの塩づくり体験の様子10
↑「姫ひじきの塩」ラベルが付い
  た袋に入れて持ち帰れるのは
  嬉しい

姫ひじきの塩づくりの様子の画像11
↑海と青い空に囲まれた島時間。
  コテージ梶ヶ浜に宿泊し、釣っ
 た魚を囲炉裏で塩焼きにする
 のもいいですね