ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 食生活 > 地産地消 > 野呂高原椎茸

野呂高原椎茸


「安浦 特産品」の画像

「野呂高原椎茸」の画像

 昭和58年から作り始め、日本百銘水の野呂山のおいしい水を使って育てる菌床栽培の乾燥させた椎茸です。
 野呂山中の昼夜の温度差が大きいため、椎茸が肉厚となり、美味しく日持ちの良いのが特徴です。

商品ラインナップ・値段

野呂高原椎茸の商品画像1 野呂高原椎茸の商品画像2

高原しいたけ 1,470円(90g)
(*値段は内容量・販売所により異なります)

ここで買えます!

  • JA芸南安浦ふれあい市
  • グリーンピアせとうち
  • 道の駅たけはら
  • ひろしま夢ぷらざ
  • 音戸観光文化会館うずしお
  • 野呂高原ロッジ
  • 野呂山にある農場でも買えます

団体概要・お問合せ先

製造者安浦椎茸生産組合
住所呉市安浦町中畑517-3
Tel0823-87-6430

E-mail・URL

関連HP野呂山名物 高原椎茸
(21ひろしま県内製品愛用運動推進協議会)
<外部リンク>

野呂高原ロッジの外観の画像

 食事も美味しいと評判の野呂高原ロッジです。

特産品売場の画像

 地元の特産品と並んで販売しています。

野呂高原の画像

 昼夜の温度差が大きいのが
 おいしさの秘訣です。

野呂高原椎茸のレポーターコメントの画像