ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 環境・ごみ > ごみ・リサイクル > 【クリーンセンターくれ】不燃ごみ・粗大ごみの処理を再開しました

【クリーンセンターくれ】不燃ごみ・粗大ごみの処理を再開しました


クリーンセンターくれでの火災発生

火災発生時の様子 令和元年10月31日に呉市のごみ処理施設クリーンセンターくれの破砕選別(不燃ごみ・粗大ごみ処理)施設で火災が発生しました。
 火災の原因としては,ごみの中に混入していた発火性異物(危険ごみ等)から出火した可能性が高いものと思われます。

 令和2年9月7日から,これまで処理を停止していた,不燃ごみ(燃えないごみ)と粗大ごみの処理を再開しました。
 これまで急いで捨てる必要のない燃えないごみや粗大ごみを出
し控えていただき,ありがとうございました。
 危険ごみについては他のごみと混ぜないように,今後も分別
へのご協力をお願いします。

有害ごみ・危険ごみは絶対に混ぜないでください!

危険ごみを混ぜて出すと,火災を引き起こす原因になります。  引火性・発火性のある有害ごみ・危険ごみを「燃えるごみ」「燃えないごみ」「粗大ごみ」に混ぜて出すと,ごみ収集車やごみ処理施設で火災を引き起こす原因になります。
 特にライターやガスボンベ,スプレー缶,電池,バッテリー等は衝撃を与えると発火する可能性があり,大変危険です。
 有害ごみ・危険ごみの分別を徹底してください。