ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 環境業務課 > ごみ出しルールを守り,ごみ収集車両の火災を防ごう!

ごみ出しルールを守り,ごみ収集車両の火災を防ごう!


年間をとおして,冬場が最もごみ収集車両の火災が発生しやすい時期です。

 

ごみ収集車両火災イラスト ごみ収集車両の火災

                  

消火された後のごみ 消火された後のごみ

ごみ収集車両の火災の原因

次の 有害危険ごみ を 燃えないごみの収集日 に出すと,車両火災 を引き起こす原因になります。

  ・カセットボンベ

  ・スプレー缶

  ・ライター 

  ・乾電池          ※  乾電池が付いたままで不燃ごみ(ストーブ,給湯器など)を出しても

                        車両火災の原因になります。 乾電池は本体から取り外してください。

 

 車両火災防止のためにもごみ出しルールを守り, 有害危険ごみ は有害危険ごみの収集日に出しましょう!