ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 環境・ごみ > ごみ・リサイクル > ごみ収集車の火災が発生!

ごみ収集車の火災が発生!


ごみステーションに出された違反ごみ原因で,家庭ごみ収集作業中に,車両火災が発生しました。ごみ出しは,ごみ出しカレンダー等を参考に,適切に行いましょう。

1 発生日時,場所

 

 (1)令和元年12月25日水曜日  午前9時20分頃   宮原12丁目のごみステーション

 (2)        〃                 午前9時30分頃      押込西平町のごみステーション

 

2 現場状況

 

  燃えないごみの収集作業中に収集車内から火災発生

  下記は,上記(2)の押込西平町での車両火災において,収集車内のごみを消火した後の写真です。

kasai

 

3 原因

  

  収集した燃えないごみの指定袋内に,発火の原因となるカセットボンベ,使い捨てライター,スプレー缶等が入っており,

 収集車両内でそれらが発火し, 他のごみに引火したものと考えられます。

  車両火災が発生すると,収集作業員が危険にさらせれるとともに,収集時間が大幅に遅れる原因となります。

 

4 車両火災を防ぐ方法

 

  カセットボンベ,使い捨てライター,スプレー缶危険ごみです。燃えないごみの指定袋に入れず,月1回の危険ごみの回収日に赤いコンテナに出してください

 正しいごみの分別で,車両火災は防ぐことができます。みなさまのご協力をよろしくお願いいたします。詳しくは,ごみ出しカレンダーの危険ごみの出し方をご覧ください。

akaikonntena(危険ごみ回収日の赤いコンテナ)