ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 環境・ごみ > ごみ・リサイクル > 2020年7月1日より全国一律でレジ袋の有料化がスタートします。

2020年7月1日より全国一律でレジ袋の有料化がスタートします。


プラスチックごみの問題について

 レジ袋を含めたプラスチック製品は石油から製造されるため,燃やすと大量の二酸化炭素が発生します。また,自然界では分解されないため,海洋におけるプラスチックごみは大きな問題となっています。
 そのプラスチックごみになりやすい,私たちの生活に最も身近なレジ袋を有料化することで,プラスチックごみの発生を抑制します。
 また,エコバックを持ち歩く習慣が生まれ,不要なレジ袋を購入しない,新しいライフスタイルを促すこととしています。

 

有料化の対象になるものについて

 消費者が購入した商品を持ち運ぶために用いる,持ち手のついたプラスチック製の買物袋は対象となりますが,次の3点は有料化の対象になりません。
(1) プラスチックの厚さが50マイクロメートル以上のもの
(2) 海洋生分解性プラスチックの配合率100パーセントのもの
(3) バイオマス素材の配合率が25パーセント以上のもの

詳しくは
 https://www.meti.go.jp/policy/recycle/plasticbag/document/pamphlet_a4.pdf<外部リンク>
→レジ袋有料化Q&Aガイド
https://www.meti.go.jp/policy/recycle/plasticbag/plasticbag_top.html<外部リンク>
→レジ袋削減にご協力ください

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)